[K-POP] EPIK HIGH、2年連続のa-nation出演で11,000人を前に熱唱!

BIGBANG・2NE1・PSY等全世界をまたにかけ絶大な人気を誇るアーティストを多数擁する韓国YG ENTERTAINMENTが誇る韓国のヒップ・ホップ・レジェンド『EPIK HIGH (読み : エピック ハイ)』。そのEPIK HIGHが昨年に引き続き夏の風物詩「a-nation」に出演。

4日(木)に行われた「a-nation island『AsiaProgress ~5th Anniversary~」のステージで持前の自由奔放なパフォーマンスを披露し、来場した11,000人を熱狂の渦に巻き込んだ。

今回EPIK HIGHが出演した「a-nation island AsiaProgress ~5th Anniversary~」は、DA PUMP、三浦大知、SKY-HI、Da-iCE等を筆頭に日韓で活躍する男性アーティストが集結する公演となっており、トップバッターで出演したEPIK HIGHは、「BORN HATER」、「LOVE LOVE LOVE ft. YOOONGJIN (from CASKER)」の他、自身初となる日本語楽曲「DON’T HATE ME -Japanese Version-」等4曲を熱唱。
いつもの彼ららしい、安定感はありつつも、自由で型にはまらないステージに会場の観客は総立ち。
はじめて彼らのライブを観た観客にも強烈な印象を残したに違いない。なお、EPIK HIGHは今年6月には先程の「DON’T HATE ME -Japanese Version-」を含む日本語楽曲を2曲収録したリパッケージベストアルバム「THE BEST OF EPIK HIGH ~SHOW MUST GO ON & ON~」をリリースしている。

今後彼らがどのような日本活動を展開していくのか目が離せない。

[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

JYJ ユチョンを最初に訴えた女性、従兄とともに虚偽告訴・恐喝未遂の容疑で拘束

LU:KUS改めL.A.U(エルエーユー)が日本活動開始、今秋2ndシングル発売!

BLACK PINK、D-4カウントダウンポスターの主人公は日本語が上手いJENNIE!

國村隼、韓国人気バラエティに出演決定!9日から撮影スタート

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2016年 08月 05日 02:27