[映画] コン・ユ主演「釜山行き」、210万観客突破...大ヒットの予感!

映画「釜山行き」が公開二日目で観客動員数210万を突破した。

韓国映画振興委員会によると、「釜山行き」は21日に66万2700人の観客を集め、ボックスオフィス1位を記録した。累積観6客は210万550人となる。「釜山行き」は公開初日に約87万2400人の観客を動員し、韓国映画史上最高のオープニングスコアを達成した。ボックスオフィス2位はハリウッド映画「グランド・イリュージョン 見破られたトリック2」で、約9万4500人を動員した。「アイスエイジ:地球大衝突」は約1万8400人の観客で3位に、ユ・スンホ主演の「キムソンダル」は4位(1万8100人)をマークした。

「釜山行き」は、未曾有の災難が韓国を襲った中、釜山行きの列車に乗った人々の生存をかけた死闘を描いた映画。第69回カンヌ国際映画祭にも招待され、現地の関係者から高い評価を得た。


THE FACT|キム・ギョンミン記者
[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

SMエンタ、EXO元メンバー・クリス&ルハンと和解…2022年まで契約有効へ

超新星ソンジェ、除隊後初来日!イベント&ソロアルバムリリースで会見

イ・ミンホ主演「バウンティ・ハンターズ」9月上映会開催へ

INFINITE エル、「7年目ジンクス?!INFINITEは健在」

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2016年 07月 22日 06:54