[映画] キム・ミニ主演映画「お嬢さん」、3位に下落!不倫説の影響か

俳優キム・ミニが主演を務めた映画「お嬢さん」の観客評価が下落した。

21日、俳優キム・ミニとホン・サンス監督の不倫説が浮上した中、ネットユーザーらが映画「お嬢さん」について酷評を浴びせている。ネットユーザーらは「これからは主演俳優の抜擢時に人格も顧慮する風土が作られてほしい」というなどの意見で、韓国ポータルサイトの映画評価掲示板に「お嬢さん」の点数に0点を与えている。その一方、「映画は映画で見るべき」という意見もあった。「映画は不道徳な俳優の一人で評価できる芸術ではない。その一人の映画と関係ない行為で映画をボイコットするのはおかしい」と映画の内容と関係なく批判ばかりする雰囲気を警戒した。

「お嬢さん」は、22日に約4万5300人(累積観客386万4000人)を動員し、韓国ボックスオフィス3位にランクされた。これは前日の2位から下落した順位で、観客は約9400人が減少した。


THE FACT|クォン・ヒョクギ記者
[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

イ・スンギが子持ち?とんでもないデマに事務所が警察に捜査依頼

ユチョン側、1人目の女性側から受けた脅しの録音ファイルを証拠として提出

BEAST、7月4日に新曲「Ribbon」で待望のカムバック!

YG新人ガールズグループ 4人目のメンバーは、ROSÉ!

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2016年 06月 23日 01:35