[ドラマ] ドラマ「タンタラ」チソン、“神演技”の秘訣は「台本研究」

SBS水木ドラマ「タンタラ」の演出を務めるホン・ソンチャン監督が、主演俳優チソンの演技力を絶賛した。

ホン監督は23日、SBSを通じて、「チソンの神がかったような演技は、徹底的に台本を研究することから出てくるものだ。彼の台本にはすべての場面を細かく分析したメモと下線がたくさんある。たった一つのシーンもてを抜かず、仕草と動線、そして文面をすごく詳しく分析し、モニタリングまで徹底的にチェックする」と明かした。
続けて彼は、「演技のために必要なすべてのものにとても細かくまで神経を使うので、演出者である私は何度も感嘆している。それに瞬発力も驚くほど優れている。おかげでチソンは非の打ち所のない演技を披露し、共演者やスタッフはもちろん、視聴者の心まで魅了している」と絶賛を惜しまなかった。

特に、ホン監督は「シン・ソクホ(チソンの配役名)のローラーコースターのような人生は、もしかすると一つの器に収めるには足りないかもしれないが、チソンは台本にあるシン・ソクホより、もっと豊かなキャラクターを演じながら器のサイズも広めた。演出者としてこの部分はとてもありがたいこと」とチソンに対する感謝の気持ちを伝えた。

チソンはドラマで、KTOPエンターテインメントの取締役として勝ち組の人生を過ごしていたが、現在は新生芸能事務所のマンゴエンターテインメントの社長になったシン・ソクホを演じている。彼はKTOPの社長イ・ジュンソク(チョン・ノミン)による計略によって崖っぷちの状況まで追い込まれたが、マネージャーのグリン(Girl's Dayヘリ)をはじめ、ハヌル(CNBLUEカン・ミンヒョク)、カイル(5urpriseコンミョン)、ジェフン(TEENTOP L.JOE)、ヨンス(イ・テソン)とバンド“タンタラ”を結成し、再起を狙うキャラクターに扮している。

THE FACT JAPAN
[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

XIAジュンス、新曲「ROCK THE WORLD」MVティーザー解禁!

ドラマ「タンタラ」チソン、“神演技”の秘訣は「台本研究」

チャン・グンソク、「テバク」に対する格別な思いを語る

SHINee テミン、台湾でも輝いた!

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2016年 05月 25日 01:55