[芸能] MINOZJAPANの日韓同時イ・ミンホ応援イベントが話題!!

デビュー10周年を迎えた俳優イ・ミンホ(28)のために、日本のファンたちが東京とソウルで大々的な応援プロモーションを展開し、話題を集めている。

韓流の聖地と呼ばれる東京・新大久保の真ん中に位置する大型ビジョン(SSTV)には今月7日から、イ・ミンホの日本ファンクラブ「MINOZJAPAN♥絆KIZUNA」が製作した動画が流れ、同地域を訪れる韓流ファンの耳目を集めている。動画は、2006年に青少年ドラマ「秘密の花園」を通じて正式にデビューし、今やアジア全域から絶大的な支持を受けているイ・ミンホのデビュー10周年を祝うもの。

「今まで数えきれないほどの元気と勇気たくさんの楽しい思い出を貰いました。Lee Min Hoさんに出会えたこと同じ時代を生きていることを嬉しく思います。これからもずっと全力で応援し続けます。俳優としての素敵な姿を私達に見せてください。今後の活動も期待しています」という応援メッセージで始まる動画は、約2分30秒の長さで、2006年デビュー作「秘密の花園」から、2009年大ヒット作「花より男子〜Boys Over Flowers」、2012年「シンイ-信義-」、2013年「相続者たち」などこれまでの出演作を中心に彼の活躍ぶりを盛り込んでいる。また、デビュー10周年を祝うファンたちの笑顔と応援メッセージも一緒に映っており、イ・ミンホに対する「MINOZJAPAN♥絆KIZUNA」の熱い愛情がうかがえる。
動画の後半には、7月1日に公開(中国)が決定したイ・ミンホ主演映画「バウンティ・ハンターズ」の予告映像が流れる。およそ300億ウォン(約28億円)規模の大型プロジェクトとして制作された同映画は、イ・ミンホの主演ですでに公開前から超話題作になったが、デビュー10周年はもちろん、彼の久しぶりの出演映画にも気を配る「MINOZJAPAN♥絆KIZUNA」のやさしさが伝わってくる。

2012年、イ・ミンホのデビュー日(5/10)に合わせて発足した「MINOZJAPAN❤絆KIZUNA」は、彼のドラマ制作発表会や韓国公演が開催されるたびに、お米や赤ちゃんの粉ミルクなどを寄付したり、イ・ミンホの名前でユニセフへの寄付活動を続けている日本最大のイ・ミンホファンクラブ。イ・ミンホのデビュー8周年には、JR東日本新大久保駅を中心に新大久保駅から明治通りまでの600mの区間や、大久保通りと新宿職安通りの間に位置するイケメン通りなどにイ・ミンホのデビュー8周年を応援するポスターとフラッグを掲示し、街全体を“イ・ミンホ色”に染める大型応援プロモーションを進行。当時も大きな話題を呼んだ。
今回はその規模をさらに拡大。東京だけでなくソウル真ん中でもデビュー10周年応援イベント(地下鉄駅での広告、ソウル一帯お祝い映像放映)を同時に展開し、日韓両国の韓流関係者を驚かせている。

MINOZJAPAN♥絆KIZUNA
フェイスブック https://www.facebook.com/LeeMinHo.Minoz.Japan.KIZUNA
アメーバブログ http://ameblo.jp/minoz-japan-kizuna/


THE FACT JAPAN
[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

元2NE1 MINZY、ペク・チヨンと同じ事務所へ

XIAジュンス、4thアルバムの収録曲を19日に先行配信へ

パク・シネ、ファンと体育大会を開催!

少女時代 ティファニー、初のソロコンサート開催へ!

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2016年 05月 17日 00:45