[芸能] チョン・イル、デビュー10周年ファンミで日本ファンへの愛を表現!

『美男<イケメン>ラーメン店』や『夜警日誌』などで人気の俳優チョン・イルが「JUNG IL WOO FAN MEETING 2016~10thank you~in Japan」を4月15日に開催。ファンミは約1年ぶりで、さらに今回はデビュー10周年となることもあり、現在ドラマ撮影の真っただ中ながら、ファンとの触れ合い度はこれまでに増して多いファンミーティングとなった。
イベント前に行われた記者会見で「早いものでデビューして10年、こうやって10周年ファンミーティングができて、とても感慨深い気持ち」と語り、「20代を振り返ると、つらいこともあったし、幸せなことも本当にたくさんあったが、いつもファンの皆さんがそばにいてくださったおかげで、いろいろなことを乗り越え活動を続けてくることができた。あらためてファンの皆さんに感謝の気持ちを伝えたい」としていたチョン・イル。

現在、主演ドラマ『シンデレラと4人の騎士』を撮影中だが、「『夜警日誌』や『黄金の虹』がドラマ的にも重厚感があってキャラクター的にも重みのあるものだったので20代を終える前にロマンチックなドラマをやっておきたいと思った」とし、「今10話まで撮影を終えたが、これまで演じてきたキャラクターとはスタイルが大きく変わっていると思う。以前はとにかくがむしゃらに頑張って、自分のキャラクターを見せていきたいという気負いがあったが、今はもっと自然体でできるように努力していて、新鮮な感じで見てもらえると思う」と俳優としての成長に自信を見せた。派手とはいえないが俳優としての成長著しいチョン・イル。「いつも演技をする際にはせりふのトーン、表情、キャラクターの分析、役作りというものを考えるようにしている。自然体でリラックスしてできるように努めているが、普段から行っていることは、間接的な経験をすること。例えば本を読んだり、映画を観たり、美術館に行ったり…旅行もとても好きで、昨年12月には日本に来て一人旅をして20代最後の時間を日本で締めくくった。そういったことが演技をするうえで支えになっている」と明かした。
さらに、「これまでスランプも多く経験し、つらいこと、体調を悪くしたときなどもあったが、そういうとき心の支えになってくれたのはファンの皆さんの存在。特に日本のファンの皆さんとは長い時間ずっと一緒に積み重ねてきていて、日本のファンの皆さんとの間には義理のような感情が積み重なってきたと思う」と日本ファンへの格別な愛を示した。

ファンミーティングでは、これらの言葉を体現。2階の観客席からの登場に始まり、いつにも増してファンとの直接の触れ合いの時間を持った。ファンとドラマの名場面再現では、『夜警日誌』で実際に着用した韓服も着て見せたが、その服はチョン・イルのお母さんが自ら作ったものだと明かした。また、“あごクイ”“バックハグ”“壁ドン”とファン感激のサプライズも。また生バンドを従えて歌声もたっぷり披露。オープニングでRumble Fishの「雨とあなた」を歌い、終盤には「抱きしめたい」(Mr.children)、「星に願いを」(flumpool)、「marry me」(ELLEGARDEN)とさまざまなタイプの日本の楽曲を披露し、ファンを楽しませた。最後にはハイタッチ会が行われ、ファンにとってもチョン・イルにとっても忘れられないひと時となった。

なお、チョン・イルがアン・ジェヒョン、イ・ジョンシン(CNBLUE)らと競演する新ドラマ『シンデレラと4人の騎士』は事前制作作品で現在10話まで撮影済みとのこと。今年上半期の放送が予定されているが、グローバル作品として海外でも同時放送を目指しているという。早期の放送を期待したい。


THE FACT JAPAN|野﨑友子
[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

JYJ ジュンスからCNBLUEまで、熊本にスターたちの応援が続く

TRAX ジョンモ、元美人アスリートと熱愛説が浮上

SUPER JUNIOR リョウク、ラジオDJを降板へ…後任はイトゥクに決定

キム・スヒョンの次回作決定報道に事務所は「現在は映画撮影だけに集中」

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2016年 04月 20日 01:14