[K-POP] ソン・シギョン、オーチャードホールでライブ開催

バラード歌手として人気を誇るソン・シギョンが「SUNG SI KYUNG Japan Concert 2016 〜HARU〜東京」をBunkamuraオーチャードホールにて3月29日・30日の2日間にわたり開催した。
「Everything」で登場したソン・シギョンは、その後日本語であいさつ。少しふっくらした姿だったが「足を骨折して2カ月ほど仕事を休んでいた間、食べる・飲む・寝るを繰り返していて太った」そう。しかし、日本公演に向け飲酒を断って20日間になるとも明かし、意気込みを示したうえで「太ったので豊かな声量で頑張ります」と笑いを誘った。

「もう一度さよなら」「サボテン」「微笑天使」「僕に来る道」などの代表曲はもちろん、「Melody」(玉置浩二)「さよならは言わない」(小田和正)などの日本楽曲などアンコールを含め全20曲で観客を魅了したソン・シギョン。現在は韓国で7本のレギュラーをもつ人気タレントとしても活躍中だが「自分がテレビのMCをこんなにするとは思っていなかったし、38歳になるなんて思ってもいなかった。まして結婚もしていない。肌と体の調子が良かったころを懐かしく思う」と語ると、「芸能人として生きることがそんなに楽しくないことや、いろんなことに傷ついたり、ストレスを感じることもある」と吐露。しかし「それでもこんなに長い期間、歌手として愛していただいていること、また海を越え、音楽も文化も違う方々に癒され、幸せを感じる。僕を温めてくれて、傷を治してくれる。幸せです。ありがとうございます」とファンに感謝の気持ちを伝えて、ライブを閉じた。


THE FACT JAPAN|野﨑友子
[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

チャン・グンソク、選挙を迎え投票を督励するメッセージ“投票が「テバク」”

元U-KISS ドンホ、大物俳優イ・ジョンジェとのツーショット公開

ソン・シギョン、オーチャードホールでライブ開催

パク・ヘジン、中国雑誌のカバーを飾る!“ロールモデルは俳優チョ・ジヌン”

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2016年 04月 12日 04:12