[芸能] チャン・グンソク、「PRODUCE 101」は “夢を反芻してみる意味のある時間だった”

101人の少女たちの夢のために情熱の時間をともにしてきた「PRODUCE 101」の“チャン代表”俳優チャン・グンソクが、同プロジェクトの終了を迎え感想を伝えた。

「PRODUCE 101」を率いる主軸で、少女たちのメンター(Mentor:指導者、助言者)でありながら、メッセンジャーとしての役割を果たしてきたチャン・グンソクは、1月22日から4月1日までおよそ3ヶ月間に渡って行われたこのプロジェクトに、多芸多才なマルチプレイヤーの能力を発揮した。“チャン代表”という肩書きを持ち、ミッションのオーダー、ランキング発表、現場を評価するMCとして、自分の経験と人生に関する話を真率に打ち明けながら、少女たちと共感する先輩とメンターとしての役割をしっかり担ってきたのだ。何より、毎回の競争で喜びと涙が飛び交う状況でも、プロジェクトを理性的に導いてくれたチャン・グンソクは、少女たちの士気を高めることやコンディションを察しながら距たりがない特有の親和力と人間的な魅力で、彼女たちの夢を応援してきた。そして、メジャーデビューを果たす最終メンバーが決定した生放送ステージから降りてからも、悲喜こもごもの練習生の皆に「今まで大変お疲れさまでした」とあいさつし、別れの名残惜しさを温かい言葉で慰めた。

最終放送を終えたチャン・グンソクは、「練習生一人一人が退場するたびに、挫折して涙を流すたびに、とても残念な気持ちだった。しかし、僕は彼女たちを応援する先輩である前に、このプロジェクトを率いる進行者だったため、可能な限り一定な感情を維持することに努力した。皆が本当に熱心にやってきたことを知っているので、毎回順位を発表する瞬間は、むしろ僕の方が緊張して大変だった」と心の内を明かしつつ、「良い結果を出した少女たちは、すぐステージの上で会うことを願い、そうでない少女たちにも、もう一度良いチャンスが与えられてほしい」と応援の気持ちを伝えた。最後に、チャン・グンソクは「僕も演技のほかに違う姿をお見せすることができ、自分の夢をもう一度反芻してみる意味のある時間だった。これからも、少女たちのようにいつも夢をみる俳優になっていきたい」と感想を語った。
このように、少女たちを心から応援し、たくさんの悩みを重ねて作り上げた“チャン代表”の活躍は、彼女たちの夢に「可能性」という翼を授ける情熱を与えてくれた。


THE FACT JAPAN
[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

「PRODUCE 101」1位はJYPのチョン・ソミ!メジャーデビュー最終11人が決定!

チャン・グンソク、「PRODUCE 101」終了を迎え感想を語る “夢を反芻してみる意味のある時間だった”

[コラム] 日流を凌駕した韓流…キム・スヒョンがアジアNo1俳優!!

KARA ハラ、事務所には内緒であげたインスタ写真が話題に!

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2016年 04月 02日 05:47