[K-POP] SE7EN、日本の大手レコード会社と専属契約!7月に待望の新曲発表へ

歌手のSE7ENが日本の大手レコードレーベル・ビクターと専属契約を締結した。

所属事務所のELEVEN9は28日、「SE7ENが日本のレコード会社であるビクターと手を組んで、本格的な現地活動に乗り出す」とし「これを記念して前日27日に、東京・豊洲PITで現地マスコミを対象とした記者会見を開き、ファンイベント『SE7EN プレミアムトーク イベント in TOKYO』と開催した」と明らかにした。この日SE7ENは、ファンにビクターとの契約ニュースを正式に報告し、「7月7日に、日本で新曲を発表する予定」と伝えた。これは2013年シングル「ありがとう」以来、3年ぶりに発表する新譜となる。記者会見でSE7ENは、「テレビ番組出演や公演などを通じて、みなさんにもっと近づけられる活動をたくさんやりたい」と述べつつ、「新曲は自伝的な曲やいろいろなジャンルの楽曲を考えている。自ら準備するのは初めてでもあり、その過程を楽しみながら頑張っていきたい」と期待を寄せた。

一方、ビクターエンタテインメント(VICTOR ENTERTAINMEN)は、国民的な人気を誇るSMAPやサザンオールスターズをはじめ、日本有数のアーティストらのアルバム流通を手がける会社で、韓国のアーティストの中では、今回SE7ENが初めてとなる契約を結ぶことになった。これにビクターの関係者は、「SE7ENを自社のアーティストとして迎えることになってうれしい。今後彼が日本で精力的な活動ができるよう総力をあげて取り組んでいきたい」と伝えた。


THE FACT JAPAN
[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

SE7EN、日本の大手レコード会社と専属契約!7月に待望の新曲発表へ

チャン・グンソク、「テバク」初放送を控えての感想を語る“人生においてターニングポイントになる作品”

CNBLUE、4月4日に待望のカムバックへ

パク・ヘジン、映画版「チーズ・イン・ザ・トラップ」出演を検討中

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2016年 03月 28日 05:33