[芸能] 広がる波紋!韓国芸能人売春事件にトップ女優らが怒り!「私じゃない」


噂されていた芸能人売春の実態が発覚された中、ネット上を中心に確認されていない女性芸能人の名前が事件の中心人物として挙げられている。主に今最も人気を集めている女優らで、いわゆる「チラシ(ゴシップ性の高い情報誌)」の形でSNSを介して急速に広がっている。デマに巻き込まれた芸能人らは強力的な法的対応を示唆した。

21日午前、ナム・ボラとカン・ソラに続き、午後にはソン・ヘギョとシン・セギョンも所属事務所を通じてデマの流布を非難した。ソン・ヘギョ側は、某政治家とかかわった“スポンサー関係説”(スポンサー関係:金などを受け取って、代わりに“性接待”を提供する関係)と関連して、報道資料を出し、「最近のネット上とSNSで拡散されているチラシは、過去2013年、検察の捜査結果、虚偽の事実として明らかになったデマだ」と強く反発した。

ソン・ヘギョ側は、「検察の捜査の結果、既に虚偽の事実であることが判明された事件なのに、3年が過ぎた今、再びこのようなデマが拡散していることは理解できない」とし「すでにそのデマを広めたネットユーザーを告訴した状態だ。また、最初の流布者を見つけるため、捜査も依頼した。この件に関しては絶対許せない」と法的対応を示唆した。


女優シン・セギョンの所属事務所も報道資料を出して、拡散されている噂は事実ではないと述べた。所属事務所側は「内容が悪意的で、本人はもちろん、家族や所属事務所、シン・セギョンを愛してくださる多くのファンの皆さんの心を傷付けている」と明らかにした。

女優カン・ソラも「不快」としながら事実無根だという立場を伝えた。所属事務所側は「当社は、カン・ソラの名誉を深刻に毀損した最初の流布者などに法的責任を問う」と強硬な対応方針を明らかにした。

20日には、ガールズグループDal★Shabetのメンバー・スビンが所属事務所を通じて報道資料を出し、今回のデマとは無関係であることを強く主張した。所属事務所側は「当社の所属芸能人の名誉を深刻に毀損している。根拠のない噂で本人はもちろん家族も深刻な精神的苦痛を受けている」と明らかにした。

[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

女優キム・ハヌルの結婚式写真が公開!

イ・ビョンホン、アル・パチーノとのエピソードを明かす“彼と共演すると聞いてすでに心の中で答えていた”

KangNam(カンナム) 、バースデーイベントで発表&デビュー曲初披露

G-DRAGON&小松菜奈、初のツーショットが実現!「NYLON JAPAN」表紙に登場

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2016年 03月 21日 05:46