[K-POP] “大麻取締法違反”の歌手E-Sens、韓国大衆音楽賞で「今年のアルバム賞」受賞!

大麻取締法違反で服役中の韓国ラッパーE-Sensが、先月29日に開かれた韓国大衆音楽賞で2冠に輝いた。

先月29日、ソウルで開かれた第13回韓国大衆音楽賞で、E-Sensは「今年のアルバム賞」と「最優秀ラップ&ヒップホップアルバム」の2部門を受賞した。特にE-Sensは「今年のアルバム」部門でそうそうたる韓国のアーティストらを抜いて選ばれ、注目を集めた。

E-Sensは大麻取締法違反で現在服役しており、同日の授賞式には出席できなかった。そのため、彼のアルバム「The Anecdote」にフィーチャリングとして参加したラッパーのKim Ximyaが代理で賞を受けた。Kim Ximyaは「E-Sens、所属事務所の社長、事務所のスタッフらにお祝いの言葉を申し上げる」とE-Sensの代わりに感想を語った。

昨年8月に発売されたE-Sensの初のフルアルバム「The Anecdote」は大衆の熱い反応を得て、ヒップホップのジャンルでは異例の1万8000枚の販売高を上げた。

THE FACT|イ・チェジン記者

[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

「PRODUCE 101」にCLONク・ジュンヨプ&San E&B1A4ジニョンがプロデューサーとして合流へ

AOAジミンxEXOシウミンのコラボ曲名が公開!甘いケミストリーを予告

チャン・グンソク主演最新作『テバク』(原題)早くもKNTVにて5月日本初放送決定!!

ソ・イングク、2年ぶりの新曲『君という季節』3月8日発表へ

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2016年 03月 01日 05:34