[映画] チョン・ウソン&ファン・ジョンミン&チュ・ジフン主演映画「阿修羅」、4ヶ月間の撮影が終了

強烈な犯罪アクションを予告した映画「阿修羅」がクランクアップした。

29日、配給会社のCJエンターテイメントは「阿修羅」(監督:キム・ソンス)が、「25日の撮影を最後にクランクアップした。4ヶ月間の撮影を終え、これからは編集などのポストプロダクション(撮影後の仕上げ編集)を行う計画だ」と説明した。

「阿修羅」の主演俳優チョン・ウソンは、「10年ぶりにキム・ソンス監督の現場に戻って、芝居に対して深いところまで考えることができた」とし「また、素晴らしい俳優たちと一緒に息を合わせたし、忘れられない思い出も作った」とクランクアップした感想を明らかにした。

ファン・ジョンミンは、「無事に終わって何よりだ」とし「本当に期待している作品だ」と語った。

チュ・ジフンは「もっと長く映画撮影が続いてほしいと話するほど、撮影現場が本当に楽しかった」と映画に対する愛情を見せた。

「阿修羅」は地獄のような世界でそれぞれ生き残るために戦う悪人の物語を描いた犯罪アクション映画。「ビート」「太陽はない」「MUSA-武士-」などを演出したキム・ソンス監督の復帰作で注目を集めている。2016年下半期に公開予定。

THE FACT|ソン・ジヨン記者

[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

少女時代 ティファニー、歌手Grayとの熱愛説を否定!!「親しい友達」

イ・スンギ、2月1日に論山訓練所へ入所…公式イベントなし

SS301、カムバック予告映像を公開...泣いているキュジョン!

チャン・グンソク、新ドラマ「テバク」で2年ぶりとなる待望の復帰へ!“演技の第2幕を切り開きたい”

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2016年 01月 29日 08:54