[K-POP] BIGBANGのSOL、後輩WINNERの新曲をカバーするカムバックプロジェクトに参加!

5人組ボーイズグループWINNERのダブルタイトル曲の一つである『BABY BABY』をカバーする2人目の主人公は、SOLであることがわかった。

所属事務所のYGエンターテインメントは22日、公式ブログ(www.yg-life.com)を通じて「TAEYANG(SOL) – ‘BABY BABY' BY WINNER COVER 02」というタイトルの映像を公開した。特有の感覚的なグルーブと甘いボーカルで『BABY BABY』を歌唱するSOL姿が収められており、WINNERの新曲に対する期待感をよりいっそう高めた。

「WINNER PRE-RELEASE COVERS」と名付けたこのプロジェクトは、1年6ヶ月ぶりにニューミニアルバム「EXIT:E」を発表するWINNERの新曲を、YG所属のアーティストがアルバム発売に先駆けてカバーするという今まで前例のない斬新な企画。そのトップバッターとして21日に女性ソロ歌手のイ・ハイが『BABY BABY』をカバーする映像が公開され、ネット中で大きな話題を集めていた。

そんな中、SOLが2人目の主人公であることが明らかになった。彼が後輩グループの楽曲をカバーしたのは、今回がデビュー以来初となることで、予想もつかなかったこのサプライズに、ファンらもかなり驚いている模様だ。そしてSOLに続いて、3人目となるYGアーティストに対する期待もますます高まっている。

同プロジェクトは、WINNERの新譜が発売される前までにリレー形式で行われる予定だ。WINNERの新曲『BABY BABY』は、華麗ながらもアコースティックな雰囲気を醸し出すブルース感じのポップで、寂しい気持ちをテーマにした歌詞が印象的な楽曲。WINNERのメンバーであるナム・テヒョンがプロデュースと編曲に参加した。

一方、2月1日に新譜「EXIT:E」を発表するWINNERは、同日アルバムのダブルタイトル曲である『BABY BABY』『SENTIMENTAL』と、ナム・テヒョンのソロ曲『良かった』など計3本のミュージックビデオを公開する予定だ。

THE FACT JAPAN

[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

「30thゴールデンディスク」EXO、アルバム部門で3年連続大賞を受賞!

イ・スンギ、入隊前最後の新曲『僕は軍隊に行く』がチャート席巻

新人ガールグループメンバーがスポンサーを助けるために彼氏を性暴行で告訴

チャン・グンソクが101人の少女たちの夢をサポート!「プロデュース101」制作発表

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2016年 01月 22日 07:12