[芸能] 新人ガールグループメンバーがスポンサーを助けるために彼氏を性暴行で告訴

地域美人大会出身の新人ガールズグループメンバーが、彼氏に性的暴行を受けたと虚偽で告訴したことが明らかになり、誣告罪(虚偽告訴罪)容疑で起訴された。

22日、韓国のあるメディアは、「新人ガールズグループのメンバーが性的暴行を受けたとして、自分の彼氏を告訴したが、これは事実ではないことが明らかになった」と報じた。

同メディアによると、同日、韓国・議政府地検刑事1部(キム・テチョル部長判事)は、ガールズグループメンバーであるA氏を誣告罪の容疑で、A氏とスポンサー関係であるB氏を強盗傷害の容疑で起訴した。

30代の財力家であるB氏は、昨年5月15日にA氏の彼氏であるC氏を数回に渡って暴行したあと、携帯電話のUSIMカードを奪った。当時C氏は、全治4週の障害を受けB氏を強盗傷害で告訴した。B氏はその携帯電話にあるA氏の写真を奪うために行った犯行だったが、携帯電話には大した写真はなかったという。

以後、A氏は同年6月25日に「1月、彼氏に性的暴行を受けた」とC氏を告訴したが、これはA氏がスポンサーであるB氏を助けるために、C氏を脅してB氏に対する告訴を取り下げらせようとしたものと検察の調べで明らかになった。

THE FACT|イ・チェジン記者

[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

チャン・グンソクが101人の少女たちの夢をサポート!「プロデュース101」制作発表

イ・スンギ、2月1日に入隊決定…事務所が公式発表

「30thゴールデンディスク」BIGBANG、音源部門大賞を受賞!T.O.Pのコメントは来年入隊の暗示か

イ・ミンホ写真集1/25発売!600名をハイタッチ会にご招待

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2016年 01月 22日 02:52