[K-POP] KARA、1月末に専属契約満了へ…今後の進退に業界が注目

ガールズグループKARAのメンバー・キュリ、スンヨン、ハラが、所属事務所のDSPメディアとの専属契約満了を控えている。

2日、複数の歌謡関係者によると、ギュリ、ソンヨン、ハラは1月末にDSPとの専属契約が満了となる。そのため3人は、現事務所と再契約して存続するか、新しい事務所へ移籍するか悩んでいるところだという。

これにDSPのある関係者は、「まだ進退の可否を決めていないが、メンバーらの決定を尊重してあげるつもりだ」と明かしており、いくつかの芸能プロダクションも、3人を迎え入れるための接触を試みていると伝えられた。

キュリとスンヨンは2007年、ハラは2008年からKARAのメンバーとして活動してきた。3人は2011年と2013年の2度の渡ってDSPメディアと契約を更新した。DSPと再びタッグを組むのか、それとも新しいところでスタートを切るのか、2人のメンバーが脱退したことで、一時災難を経験したKARAだけに、3人の選択にファンと業界が注目している。

THE FACT JAPAN

[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

KARA、1月末に専属契約満了へ…今後の進退に業界が注目

JYJ ジュンスのハートをつかんだ「EXIDのハニ」はどんな子?

JYJ ジュンス&EXID ハニ、熱愛発覚!所属事務所が公式に認める

健康情報番組の収録中にゲストが乳がん判定...現場は衝撃!

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2016年 01月 02日 04:44