[芸能] SJリョウク、主演舞台のチケット完売で公約を履行!25日公演でハイタッチ会

演劇「夜中に犬に起こった奇妙な事件」で主人公のクリストファー役で熱演を繰り広げているSUPER JUNIORのリョウクが、チケット完売による公約を履行する。

チケット完売の公約としてハイタッチ会を掲げていたリョウクは、自分が出演する12月25日(金)の2回目の公演が売り切れを記録し、この公演後にハイタッチ会を進行。クリスマスとともに客席を埋め尽くしてくれた観客らに感謝のあいさつを伝える予定だ。

演劇「夜中に犬に起こった奇妙な事件」は、2003年に発表されたマーク・ハッドン(Mark Haddon)の同名小説を脚色した作品で、自閉症の天才少年クリストファーの成長ストーリーを描く。2013年イギリスで初演され、同年ローレンス・オリヴィエ賞で7冠。2015年はトニー賞で5冠を達成し、優れた作品性を認められている。韓国では俳優兼プロデューサーのキム・スロが制作する‘キム・スロのプロジェクト’の14本目の作品として話題を呼んだ。

リョウクは、SUPER JUNIOR、SUPER JUNIOR-K.R.Y.活動をはじめ、ミュージカル「狼の誘惑」「ハイスクール・ミュージカル」「女神様が見ている」「アガサ」など、多数の作品に出演しながら、優れた歌唱力と演技力を認められ、現在は「夜中に犬に起こった奇妙な事件」を通じて演劇に初めて挑戦。新たな才能と魅力を発揮しながら、エンターテイナーとして愛されている。

演劇「夜中に犬に起こった奇妙な事件」は、ソウル江南区にあるKWANGLIM ARTS CENTERにて2016年1月31日まで上演。

THE FACT JAPAN

[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

JYJ ジュンスがインスタでクリスマスあいさつ

SUPER JUNIOR ウニョクからの直筆手紙が公開!“一番年をとっている末っ子になった”

キム・ヒョンジュンの父、新たな疑惑を提起…元恋人が母と交わしていたメッセージ内容が明らかに

RAIN、新ドラマの出演が決定!タイトルは「さようなら、私の大切な人」から『帰ってきて、おじさん』に変更へ

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2015年 12月 24日 08:35