[芸能] イ・ボムス、映画撮影中に負傷...「撮影には支障ない」

俳優イ・ボムスが映画「仁川(インチョン)上陸作戦」の撮影中、膝を負傷した。

イ・ボムスの所属事務所は21日午後、「イ・ボムスが、最近『仁川上陸作戦』の銃撃シーンを撮影している途中、膝に怪我を負った」と明らかにした。

関係者は、「重傷ではない。膝が腫れて、水がたまるため、治療を受けている」とし「撮影は引き続き臨んでいる。撮影スケジュールには支障がないと思う」と述べた。

イ・ボムスは映画「仁川上陸作戦」で、戦略戦術将校で仁川を掌握した北朝鮮の仁川防衛地区司令官リム・ゲジン役を演じている。

一方、「仁川上陸作戦」は1950年9月15日、韓国戦争の戦勢を覆した軍事作戦“仁川上陸作戦”を背景に、同上陸作戦の踏み台となった特殊隊員たちの激しい戦闘と犠牲を描く作品。イ・ボムスをはじめ、リーアム・ニーソン、イ・ジョンジェが出演する。公開は来年。

THE FACT|キム・ミンジ記者

[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

超新星、1万人のファンと涙のツアーファイナル

ウォンビン&イ・ナヨン夫妻に第1子の息子が誕生!

[独占インタビュー①] ジャッキー・チェンプロデュースのボーイズグループJJCC“努力は人を裏切らない。今日が最後の日のように頑張る”

[独占インタビュー②] ジャッキー・チェンプロデュースのボーイズグループJJCC“日本での目標は東京ドームを満席にしてコンサートすることです!”

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2015年 12月 21日 06:48