[K-POP] 超新星、1万人のファンと涙のツアーファイナル

ダンスヴォーカルグループ超新星が、12月10日から20日まで全3都市6公演のツアー『超新星LIVE TOUR 2015 「THE FINAL」』を開催。のべ3万5000人を動員し、12月20日有明コロシアムにてツアーファイナルを迎えた。

メンバー4人の入隊前ラストとなるファイナル公演は、満員1万人の観客で埋め尽くされた。眩しい光の中からキラキラと輝く真っ白なスーツでメンバーが登場。オープニング曲「BLOWIN'」からアッパーな曲が続き、激しいダンスパフォーマンスで飛ばし、テンションはMAX、あっという間に会場のグルーヴが一体に。その後デビュー当時の懐かしい映像がスクリーンに映しだされ、デビュー曲「キミだけをずっと」を披露。メンバーの「みんな一緒に歌って」の掛け声とともにファンと大合唱となった。

メンバーそれぞれ、随所でソロステージも展開。カバーアルバムから、ユナクは玉置浩二の「メロディー」、グァンスはバブルガム・ブラザーズの「WON’T BE LONG」を熱唱。ソンモ、ジヒョク、ゴニルはオリジナル曲をそれぞれ披露した。また、「まごころ」では入隊中のソンジェの映像が流れ、ファンへのうれしいプレゼントとなった。さらに「抱・き・し・め・た・い」「Stupid Love」「Shining☆Star」と続き、盛り上がりも最高潮になった本編最後のMCではメンバー1人ずつがあいさつ。

グァンス「今日で最後ですけど、終わりの先に見える新たな出発地点になると思います。To Be Continued・・・。みんなも心の中にちゃんと刻んでほしいです。デビューして6年間1つだけ変わらないものがあります。ずっとささえてくれている星です。俺たちだけの星、Milky Way(超新星のファンの呼び名)。今まですごく幸せでした。本当にどうもありがとうございました」

ソンモ「今ここにいるのはすべてが皆さんのおかげです。これからもここにいたいです。どんなことがあっても待っている皆さんの為に頑張ります。皆さんがMilky Wayでよかったです。6年間ありがとうございました」

ゴニル「今ここにいる瞬間が夢のように頭に残ると思います。2年経っても変わらないことは、皆さんを愛することです。2年間人生を振り返り、もっと成長する時間にしたいと思います」

ジヒョク「人生はわからないです。自分自身の未来はわからないけど、超新星の未来は明るいと感じました。理由は超簡単です。Milkyが僕たちを愛する気持ちがあるからです。2年後幸せな笑顔で会いましょう!」

ユナク「メンバーの皆さん、Milkyの皆さんの力を貰ったから、ソンジェ君と一緒に4人の席を守りたいと思います。皆さんの力が必要です。ちょっと寂しいかもしれないけれど頑張るから応援よろしくお願いいたします」


ファンは涙をこぼしながらもメッセージをしっかり受け止めた様子。そして「For You」が届けられ、メンバーは肩を抱き合って本編を締めくくった。アンコールでは、ファンからの楽曲投票により決定した上位曲を披露した。最後のMCでは、来年2月26、27日にファンミーティング「Festival」を、夢だった国立代々木競技場第一体育館で開催決定、そして、入隊前最後のシングル「またキミと・・・」の発売も決定、といううれしいニュースの発表があった。そして、人気1位となった「合言葉」で締めくくり、「ありがとう」といつまでも手を振りファイナルを締めくくった。

必ずまた6人全員そろって戻ってくると約束した超新星と、それに応え、待つと誓ったファンたちの絆は強そうだ。決して短い時間ではないが、再会の日を期待したい。

THE FACT JAPAN

[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

G-DRAGONがデビュー以来初めて楽曲をプレゼントしたのは、後輩グループiKON!

東方神起 ユンホのファンクラブがガーナの子供たちのために学用品を寄付

[INTERVIEW] 「夜を歩く士」 東方神起 チャンミン、“努力した分後悔もなく、とてもすっきりした気持ちで終えた作品”

イ・ホンギ(from FTISLAND)初の単独コンサート開催!

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2015年 12月 21日 00:54