[K-POP] 2PM Jun.K、2度目の日本ソロツアーを成功で締めくくる

2PMのメンバー・Jun.Kが2度目の日本ソロツアーを成功で締めくくった。

12日~13日の両日間、Jun.Kは日本大阪城ホールにて開催された「Jun. K 2nd Solo Tour LOVE LETTER」を最後に、東京、大阪、福岡、名古屋、札幌で全11公演を展開しながら盛況のうちに終了。チケットを手に入れなかったファンのために、日本全国29箇所、県48箇所の映画館では最終公演をライブ・ビューイングで上映した。


この日Jun. Kは『EVEREST』でオープニングを飾り、『LOVE & HATE』『ALIVE』『TRUE SWAG』などを披露しながらパワフルなステージを繰り広げた。公演の終盤には、オリコンチャートおよびビルボード・日本チャートで1位を記録した2枚目のミニアルバム「Love Letter」の収録全曲を熱唱し、場内をもっとも熱く盛り上げた。


続くライブでは、2PMの『My House』『ミダレテミナ』などをアコースティックバージョンでアレンジして披露。セットリストのすべてを自作曲で収めたJun. Kは、ヒップホップ、ジャズ、アコースティックなど多彩なジャンルを行き来しながらアーティストとしての存在感をアピールした。


Jun. Kは今回公演をともにしてきたスタッフの名前を一人ずつ呼び上げながら感謝の気持ちを伝えつつ、最後には、「ファンのみなさんと2PMのメンバーたち、そして家族と空にいらっしゃるお父さん、愛しています」と語りながら、ツアーを幕を閉じた。


一方、12月9日~10日に幕張メッセと12日の大阪城ホールでは、ゲストとしてメンバーのウヨンが登場。Jun. Kとコラボレーション曲『Superman』を日本で初披露した。


特に、ステージのセットリストは本公演とは違うパーティーバージョンで構成されるなど、見所満載なステージでファンを熱狂させた。続いて10日の幕張メッセ公演ではニックンが、12日の大阪公演はテギョン、ジュノ、チャンソンがJun. Kを応援し、厚い友情を誇示した。

THE FACT JAPAN

[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

「王の男」の公開10周年...主演イ・ジュンギと監督イ・ジュンイクの意味深い再会!

パク・ソジュン、初の単独ファンミーティングにアジアから2500人駆けつけ

パク・シネ、釜山でファンサイン会!デザインを手がけたコラボバックを披露

SHINee ジョンヒョン、アンコールコンサートも大盛況...日本映画館ではライブ・ビューイング

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2015年 12月 15日 04:56