[ドラマ] 「Oh my Venus」のソ・ジソブ、女性をときめかせる眼差し!

ドラマ「Oh my Venus」でソ・ジソブが見せる差しが女性視聴者らに話題になっている。

「Oh my Venus」側は27日、劇中でカリスマあふれる眼差しをしているソ・ジソブのスチールを公開した。ソ・ジソブは、時に苦悩するように冷たい表情を浮かべたり、時には一人で悲しみを飲み込むような顔を見せたりして、多くの女性視聴者たちから支持を得ている。

同ドラマでソ・ジソブは、ベールに隠されたすご腕のフィットネストレーナ“ジョン・キム”として生活する大手グループの米国支社長キム・ヨンホ役を演じている。非常に冷たく見えるが、弱者には弱くなる“ツンデレ”的な面もある。キム・ヨンホは、財閥グループの後継者で羨ましい人生に見えるが、実母を事故で幼い頃に亡し、父の再婚で異母兄弟がいる。

また、父親とは後継者の座をめぐって対立しているなど、複雑な事情で心に深い傷を負った人物だ。繊細な感情表現が要求されるキム・ヨンホ役だが、ソ・ジソブはを水を得た魚のように素晴らしい演技で複雑な感情を上手く表現しており、視聴者たちから「やはりソ・ジソブ」という好評を受けている。

ドラマ「Oh my Venus」は、21世紀の肉感的なビーナスのボディから、多産の象徴(?)である古代ビーナスのボディになってしまった女性弁護士のカン・ジュウン(シン・ミナ)と、すご腕を認められているフィットネストレーナのキム・ヨンホ(ソ・ジソブ)が出会い、両極端な2人が秘密ダイエット作戦に臨みながら、内面の傷を治癒していく過程を描くロマンチックコメディ作。現在、毎週月火午後10時に韓国で放送中だ。

THE FACT|キム・ミンジ記者

[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

ホ・ヨンセン、「SS501は解散ではない。いつでも一つになれる」

【青龍映画賞】主演女優賞にイ・ジョンヒョン、誰一人予測できなかった!映画「思悼」4冠

[動画] イ・ミンホ、イ・ジョンジェ、ユ・アイン、「青龍映画賞」のレッドカーペットに男神たちが降臨!

FTISLAND ホンギ、反抗的なまなざしの“男”に変身

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2015年 11月 27日 08:02