[K-POP] iKON、新曲『APOLOGY』がGAONチャートで2冠達成

12月に待望のデビューアルバムを発表する7人組新人ボーイズグループiKONのデジタルシングルが、GAONチャートで2冠を達成した。

26日、韓国の公認音楽チャートであるGAONによると、48週目(2015.11.15~2015.11.21)のデジタル総合チャートと音源ダウンロードチャートで、iKONの新曲『APOLOGY』がそれぞれ1位を記録した。『APOLOGY』は、iKON、YGのメインプロデューサーのTEDDY、実力派KUSHのコラボで制作し、恋人とも別れによる名残惜しさと痛みを表現したR&Bスローの楽曲だ。

48週目のデジタル総合チャートの2位は、San E&Mad Clownの『食べれない柿』。3位はDynamic Duoの新曲『HONEY JAM』、4位はEXIDの新曲『HOT PINK』、5位を記録したジコ(Block B)の『Boys And Girls』(Feat. Babylon)はストリーミングチャートで1位を獲得。アルバムチャートではB.A.Pの新曲『MATRIX』が占めた。

K-POPアーティストのグローバル的な人気を図るGAONソーシャルチャートではEXIDの『HOT PINK』が1位を記録、中国での人気を図るGAON Weiboチャートのソロ歌手ランキング1位はCNBLUEのジョン・ヨンファが、グループ人気ランキングの1位もCNBLUEが獲得した。

THE FACT JAPAN

[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

PSYの献呈曲にJYJジュンスがフィーチャリング

テティソ、タイトル曲『Dear Santa』の作詞はソヒョンが担当

CNBLUE ヨンファの単独ライブがDVD&フォトブックでリリース!

映画監督 是枝裕和が来韓…女優ペ・ドゥナと6年ぶりに再会!

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2015年 11月 26日 07:39