[芸能] FTISLANDホンギ、学生時代のアルバイト経験を打ち明ける「チップをもらったこともある」

FTISLANDのイ・ホンギが、学生時代のアルバイト経験を打ち明けた。23日に放送されたJTBCバラエティ「アブノーマル会談」では“アルバイト人生”をテーマにした討論が行われた。

この日の番組でゲストとして出演したホンギは、「学生時代にいろいろなアルバムをした」と言及。「美容室のスタッフ、飲食店のデリバリー、ホールスタッフなどをしながらお金を貯めていた」とさまざまなアルバイト経験を話した。

特に彼は、「高校時代に中華料理屋のデリバリーアルバイトをしたけど、午前9時に出勤して夜の9時に仕事が終わった。お皿を回収する人は午前8時半まで出勤だったが、みんな先輩だったから、厳しい仕事は全部末っ子たちの分だった。食器をビニール袋に入れないで倒れているものとかは結構大変だった」と当時を回想しつつ、「中ではチップをくださる方もいて、僕を指名して注文する方もいた。子供の時に出演した朝ドラマをみたと、優しくしてくださった」と打ち明けた。

一方、この日の番組では、ホンギの親友と知られている女優パク・シネのことが挙げられ、MCのユ・セユンは、「デビュー9年でソロアルバムを出した」とホンギの近況を紹介しつつ、「パク・シネの仲よし男友だちということで話題になったが、男女の友だち関係って可能なものなのか?」と尋ねると、ホンギは、「可能なことだ。本当にいい友だちだし、ある記事には、僕がいい男友だちの事例としても紹介された。彼女とは一緒に飲んだり、ボーリングに行ったりもする。時々2人きりで会うこともある」と打ち明け、視線を集めた。

THE FACT JAPAN

[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

RAIN、キム・テヒとの結婚説についてコメント「結婚するなら自分から話す」

イ・ミンホ、『江南ブルース』で大鐘賞“新人賞”を受賞!

[大鐘賞映画祭] 映画「国際市場で逢いましょう」10冠を達成!混乱の中でも輝いた(まとめ)

ソン・スンホン、1年ぶりの日本ファンミ開催、全員とハイタッチも

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2015年 11月 24日 02:17