[K-POP] iKON、新曲『APOLOGY』&『ANTHEM』が7つの音源チャートで1、2位記録!

YGエンターテインメントの新人ボーイズグループiKONの新曲が、7つの音源チャートで首位を記録した。

16日の午前0時に音源配信を開始したiKONのダブルデジタルシングルのタイトル曲『APOLOGY』は、同午前中を基準にMelOn、Olleh、Bugs!、genie、NAVER MUSIC、Monkey3、Soribadaなど全7つの音源サイトチャートで1位を獲得し、B.I&BOBBYのユニット曲である『ANTHEM』も同チャートで2位を占めた。iKON、YGのメインプロデューサーのTEDDY、実力派KUSHのコラボで注目を集めた『APOLOGY』は、恋人とも別れによる名残惜しさと痛みを表現したR&Bスローの楽曲で、『ANTHEM』はストレートなラップと韓国の伝統音楽を絶妙に調和させたヒップホップ曲だ。

ミュージックビデオに対する反応も熱い。音源と同時に解禁された『APOLOGY』(https://youtu.be/blSCDrx0CDA)と『ANTHEM』(https://youtu.be/qdD7ciXKfzE)は、YouTubeで再生数70万回と60万回を超えており、世界の音楽ファンから熱い関心が寄せられている。

一方、9月にデビューウォームアップシングル「My Type」と、10月にデビューハーフアルバム「WELCOME BACK」で韓国内外の音源チャートを席巻し、諸音楽番組でも1位を記録したiKONは、12月14日に待望のフルアルバムを発表する。

THE FACT JAPAN

[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

EXO、日本ドームツアーで30万人動員!!

ヒョンビン主演映画「共助」に少女時代ユナが出演決定

大陸の韓流ブームに副作用か...“トップスター詐欺注意報”

FTISLANDホンギ、ソロ曲『INSENSIBLE』のMVティーザー公開!パク・シネの演技に視線集中

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2015年 11月 16日 07:22