[K-POP] ソ・イニョン、手ブラをみせる19禁MVが議論に!所属事務所が「本人ではない」と釈明

胸の一部を露出するシーンに「本人ではないのか?」と、女性歌手ソ・イニョンの新曲『叫んで』の19禁MVが議論を引き起こしている中、所属事務所が「その女性は外国人モデルだった」と16日、明らかにした。

YouTubeなどで公開されたソ・イニョンの新曲MV(https://youtu.be/znlBXWL2kGY)には、2分26秒のところから上着を脱衣した男女が登場し、顔が見えない女性が手ブラの姿になって、その後ろで男性が女性の体を触る場面が見られる。

MVの公開後、ネット中には「あの裸の女性はソ・イニョンではないのか」という疑問の声が広まっていた。事務所の関係者は、「『叫んで』のMVはいろいろな試みを考えたもので、ムチ、同性愛、性的表現などが登場する。そのため、MVでソ・イニョンも露出していると思われる方がいるようだが、本人ではない」と釈明した。

一方、カムバックを控えてMVを先行公開したソ・イニョンの新曲『叫んで』は、11月17日(火)にリリースされる。

THE FACT|チョン・ジニョン記者

[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

EXO、日本ドームツアーで30万人動員!!

大陸の韓流ブームに副作用か...“トップスター詐欺注意報”

FTISLANDホンギ、ソロ曲『INSENSIBLE』のMVティーザー公開!パク・シネの演技に視線集中

ソ・イニョン、手ブラをみせる19禁MVが議論に!所属事務所が「本人ではない」と釈明

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2015年 11月 16日 05:02