[映画] カン・ドンウォンがチュウォンに勝った...「黒い司祭たち」がボックスオフィス1位に

キム・ユンソク&カン・ドンウォン主演の映画「黒い司祭たち」(監督:チャン・ジェヒョン)が、ユ・ヘジン&チュウォン主演の「あいつだ」をおさえ、ボックスオフィスの頂上に上がった。

6日、韓国映画振興委員会映画館入場券統合ネットワークの集計結果によると、5日に公開された「黒い司祭たち」は初日834個のスクリーンで4639回上映され、19万人の観客を集めた。試写会観客を合わせた累積観客は19万7584人で、ボックスオフィス1位の記録だ。「黒い司祭たち」の記録は、歴代韓国映画の新記録であり、「国際市場で逢いましょう」と「王になった男」を超えるオープニングスコアで、今後の興行が注目される。また、ボックスオフィストップの座を守り続けた「あいつだ」と観客数を比べてみても、16万人以上の差があり、さらに期待感は高まる。

一方、映画「黒い司祭たち」は危険に直面した少女を救うため、ミステリーな事件に立ち向かう二人の司祭の物話を盛り込んだ作品。俳優キム・ユンソクとカン・ドンウォンが映画「チョン・ウチ 時空道士」に続き、もう一度意気投合した作品で公開前から大きな期待を集めた。

THE FACT|ソン・ジヨン記者

[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

EXO、「スター・ウォーズ エピソード7」と特別なコラボが実現!シングル「ライトセーバー」発表へ

ジュノ(2PM)日本独占インタビュー!映画『二十歳』公開目前のスペシャル映像が到着!

ヨ・ジング、中央大演劇映画学科に合格!ヒョンビン&キム・スヒョンらの後輩になる

SUPER JUNIOR イトゥク、気まずい子のリョウクと旅先で友情を深める

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2015年 11月 06日 00:58