[芸能] IU、今度は歌詞で議論か…「私のライムオレンジの木」の韓国版出版社が遺憾を表明

IUの4thアルバムの収録曲『Zeze』が、5歳の少年を性的な対象にして歌詞を書いたとして議論になっている中、小説「私のライムオレンジの木」の韓国版出版社が遺憾の意を表明した。

5日、出版社のトンニョクは、Facebookに「IUさま、Zezeはそんな子供ではありません」という見出しの書き込みを掲載し、「私のライムオレンジの木」の主人公であるZezeを性的な対象にして歌詞を書いたIUの楽曲『Zeze』に対して遺憾を表した。

問題となった歌詞は、「Zeze、早く木に登ってきて葉っぱに口づけて。おふざけはダメよ。木を痛めちゃダメよ。Zeze、早く木に登ってきて、ここで一番幼い葉っぱを持っていって」「あなたはとても無邪気。しかし、きっと狡猾だわ。子供のように透明なようだけど、どこかは汚い。その中に何が生きているのか知る方法がない」などだった。

トンニョク側は、「Zezeは5歳の子供で、家族にも虐待され、傷だらけの子なんです。虐待による痛みを持っている5歳のZezeを、性的な対象にしたのは非常に遺憾な部分です。表現の自由も、大衆の共感で成されるものです」とし、「Zezeが純粋ながら酷い行動をたくさんする二重的な姿をみせるのも、結局は深刻な虐待による反発心と、愛情が欠如されていることによるものです。これをみてZezeを残忍で狡猾だというのは、間違った解釈だと思います」と立場を明かした。

また、ジャケット写真にZezeと見られるキャラクターが網ストッキングを履いてピンナップガールのようなポーズを決めているのを、「ZeZeに網ストッキングを履かせては、ピンナップガールのポーズだなんて。ピンナップガールがとても商業的で性的な要素が多いです」と指摘した。

IUは先月23日に同アルバムを発表。以後、収録曲の『Zeze』は、「私のライムオレンジの木」に登場する5歳少年のZezewo性的な対象にした隠喩的な歌詞を書いたとして議論になった。しかし、IUは、同小説に登場するMinguinho(木の名前。Xururucaともいう)の観点で書いた歌詞だと釈明した。

THE FACT|キム・ミンジ記者

[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

EXO、「スター・ウォーズ エピソード7」と特別なコラボが実現!シングル「ライトセーバー」発表へ

ジュノ(2PM)日本独占インタビュー!映画『二十歳』公開目前のスペシャル映像が到着!

ヨ・ジング、中央大演劇映画学科に合格!ヒョンビン&キム・スヒョンらの後輩になる

SUPER JUNIOR イトゥク、気まずい子のリョウクと旅先で友情を深める

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2015年 11月 05日 08:23