[K-POP] BIGBANG、主な音源月間チャートで1位席巻!

BIGBANGが、韓国主要音源サイトの月間チャート(8月)で1位を総なめした。
これで5月から始まったBIGBANGの音源チャート1位狩りは3ヶ月連続続くことになった。
1日に発表された韓国主要音源サイト8月の月間チャートによると、BIGBANGの『私たち愛さないようにしましょう』はSoribada、NAVER MUSIC、Ollehなどで1位を占めた。
音源強者たちの新曲が続々と発表された8月に収めた成績で、音楽関係者らの耳目が集まる。


BIGBANGの『私たち愛さないようにしましょう』と『チョロ』は、先月5日に公開以降、韓国音源サイトのリアルタイムチャートやデイリーチャート、週間チャートを席巻するなど大きな人気を集めた。また、二つの曲が収録されたアルバム「E」は台湾、タイ、シンガポール、カンボジア、マレーシアなどを含む16カ国のiTunesのチャートでも1位を記録。カナダと米国ではそれぞれ2位と4位をマークするなど、北米諸国でもグローバルな人気を博している。

特に、先月11日には『私たち愛さないようにしましょう』が8月第2週のビルボード・ワールド・デジタルソング(World Digital Songs)チャートで1位を記録。5月に発表した『LOSER』、6月の『BANG BANG BANG』に続き、なんと3曲が同チャートで1位を占める大記録を立てた。

ミュージックビデオに対する反応も熱かった。『私たち愛さないようにしましょう』と『チョロ』のミュージックビデオはそれぞれ、9月1日午後3時の基準で1967万4198ビューと1262万4125ビューを記録中で、合わせると3200万ビューを突破した。
また、中国最大の音楽配信サイトQQ Musicでもそれぞれ1,4位を記録。一ヶ月近くトップを守り抜き、中華圏でも熱い人気を博しているのを証明した。

一方、先月30日、韓国歌手としては最多である、中国11都市公演で18万人の観客を動員したワールドツアー中国公演を盛況のうちに終えたBIGBANGは、フルアルバムの準備のためにしばらく休息期を持ち、来る10月からは米国、カナダ、メキシコ、オーストラリア、日本などを回るワールドツアーを続けていく予定だ。


THE FACT JAPAN
[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

G-DRAGON&SOL、バラエティ番組でディス戦!お茶の間が大爆笑の渦に

チャン・グンソク、3年ぶりに韓国コンサート開催へ!世界ファンがソウルに集結

SS501のユニット再起動!キム・ヒョンジュン(マンネ)&ホ・ヨンセン&キム・キュジョンが“6年ぶりにカムバック”

東方神起 ユンホ、軍楽隊に配属!

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2015年 09月 01日 10:42