[K-POP] 少女時代、ダブルタイトル曲が1、2位!7つのチャート席巻

韓国で5枚目のフルアルバムを発表した少女時代が、ダブルタイトル曲で音源チャート1、2位を記録した。

少女時代は、18日の午後0時より韓国の各音楽サイトを通じてタイトル曲『LION HEART』などの6曲を、19日の午前0時からはもう一つのタイトル曲『You Think』などの6曲を配信。『LION HEART』(https://youtu.be/nVCubhQ454c)はgenie、Bugs!、NAVER MUSIC、Olleh、Mnet、Soribada、Monkey3など7つの音源チャートでリアルタイムランキング1位を記録し、『You Think』(https://youtu.be/hJYGddE0vHc)はOlleh、Mnetなどでリアルタイムランキング1位と各音源チャートで『LION HEART』に続き2位にランク。ダブルタイトル曲がチャート1、2位を並んで獲得することになり、少女時代の高い人気を証明した。


さらに、『LION HEART』が公開された直後、アメリカのビルボードはK-POPのコラムコーナーである“K-TOWN”を通じて「Girls' Generation Drop Sassy, Soul Pop-Inspired Single 'Lion Heart'(少女時代がソウルポップスタイルのすてきな『LION HEART』を出した)」という見出しの記事を掲載。高い関心を示しながら、少女時代のグローバル的な人気を実感させた。

ビルボードは、「少女時代は最近、その特有の魅力を生かした甘くて明るい雰囲気の楽曲『LION HEART』を発表した。今回の新曲は、これまでの発表曲とは違って少し変化を与えたが、ファンキーなベースラインとブラスを加え、よりソウルフルな接近で音楽を完成した」と詳しく説明。

ミュージックビデオについては、「過去に見られた少女時代の女性らしくて恋に弱い少女のコンセプトに対する変化が見られる。メンバーたちは大きなラインの仮面をかぶった男に恋をするが、最後にはプレイボーイであることを知り、それに失望しながらもおしゃべりをする。これは『PARTY』のMVの延長線上にあるように見えるが、男なしに女性たちだけで楽しい時間を送る独立的な女性の姿をみせて視線を引く。『LION HEART』『PARTY』など、少女時代が発表する最近の音楽は、女性たちを代弁する声と視線を持っていて、前作『Mr.Mr.』で男たちを激励するメッセージとは差異がある」と分析した。

一方、5thフルアルバム「LION HEART」を発表し、本格的なカムバック活動に乗り出した少女時代は、21日に放送されるKBS2TV「ミュージックバンク」での初ステージを皮切りに、各音楽番組で新曲を披露する予定だ。

THE FACT JAPAN

[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

「2015 JYJ MEMBERSHIP WEEK」がいよいよ開幕!“JYJの時間”をおさめた写真展に注目

ペ・ヨンジュン、悪質ネットユーザーらに法的対応を示唆

少女時代、新譜「LION HEART」収録6曲を先行配信!本日(18日)アプリ「V」で独占チャンネル生中継

元KARAの知英、「日本生活は孤独な日々だった」

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2015年 08月 19日 01:38