[K-POP] Wonder Girls、新曲『I Feel You』が公開と同時にチャート席巻

Wonder Girlsの新曲『I Feel You』が、公開と同時に諸音源チャートで1位を席巻した。

JYPエンターテインメントは3日の午後0時、Wonder Girlsが3年2ヶ月ぶりに発表する待望の3rdフルアルバム「REBOOT」を公開した。特に、タイトル曲『I Feel You』は、音源配信を開始してまもなく、MelOn、genie、Mnet、Bugs!、Olleh、NAVER MUSIC、Monkey3、Soribadaなど8つの韓国主要音源サイトで、リアルタイムチャートの1位を記録。メンバーらが作詞・作曲に参加した収録曲達も恐ろしい勢いで上位圏内にランクインするなど、爆発的な反応が寄せられている。

これとともに公開された『I Feel You』のミュージックビデオ(https://youtu.be/V9QXQz6uE0M)にも熱い反応。MVのスタートからメンバーらセクシーなビジュアルに魅了されるのはもちろん、1980年代を連想させるファッションスタイルに、メンバーそれぞれが楽器を演奏するひときわ目立つ姿は終始視線を釘付けにした。

同曲は、パク・ジニョン(JYP)の自作曲でfreestyleのジャンル。シンセとシンコペーション(syncopation:切分法とは、西洋音楽において、拍節の強拍と弱拍のパターンを変えて独特の効果をもたらすことを言う)をベースにした華麗なリズムを結合させた楽曲で、Wonder Girlsのメンバーらが直接演奏とダンスを披露する予定。特にメンバーらによる演奏(イェウン:ピアノ、ユビン:ドラム、ソンミ:ベース、ヘリム:ギター)が絶妙な調和を成しながら80年代のレトロ風のグルーヴなリズムは、魅惑的なサウンドの饗宴もうかがえる。

新譜「REBOOT」は、Wonder Girlsのメンバーらが全収録曲でシンガーソングライターとしての才能を発揮し、よりいっそうアップグレードされた音楽的な器量をみせた一枚。freestyle、retro pop、slow jamなど、多様なジャンルをWonder Girlsならではのスタイルとサウンドで再解釈し、洗練かつセンスにあふれた音楽を生み出した。

一方、Wonder Girlsは来る7日に出演するKBS2TV「ミュージックバンク」を皮切りに、8日のMBC「ショー!音楽中心」、9日のSBS「人気歌謡」などで新曲『I Feel You』のステージを披露し、本格的なカムバック活動に乗り出す予定だ。

THE FACT JAPAN

[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

JYJ ジェジュン、軍行事ポスターに載った写真が話題

【コラム】ヨン様 非公開挙式、マスコミ&ファンの四苦八苦

SHINee、新曲『MARRIED TO THE MUSIC』の予告映像を公開!

東方神起 ユンホ主演ドラマ「あなたを注文します」視聴数1千万回突破!盛況裏に終演

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2015年 08月 03日 07:19