[芸能] KARAとRAINBOW、悪質な書き込みに法的対応を予告!!

ガールズグループKARAやRAINBOWなどが所属するDSPメディアは、所属アーティストに対する悪質な書き込みについて強硬に対応する方針を明らかにした。

DSPメディアは30日、公式ホームページに「最近、KARA、RAINBOWをはじめとするDSPメディア所属アーティストと関連する悪質な書き込みが見られる」と明らかにした。続いて「所属アーティストと関連する、根拠のない噂の量産や人身攻撃的な悪質な書き込みなどでアーティスト本人の精神的被害はもちろん、家族や周囲の知人にまで、これによる被害が広がっている」と指摘。

また、「当社は、最初の流布者をはじめ、ルーマーの拡散を助ける、いかなる行動にも強硬に対応をし、悪質な書き込みによる不祥事がこれ以上発生しないよう、措置を取っていく方針」と法的対応を予告した。

一方、最近、女優チン・セヨンや少女時代のテヨンなど、複数のスターらが悪質な書き込みに対しては黙認せずに法的対応を示唆しているなど、変化の動きが見られている。

THE FACT|キム・ギョンミン記者

[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

[独占] ぺ・ヨンジュン&パク・スジンの新婚旅行!ハネムーンはゴルフ!!

SUPER JUNIOR シウォン、新ドラマを終えてから入隊!時期は未定

SS501のヨンセン、今日除隊!!21ヶ月の兵役が終わった!

BIGBANG、8月2番目の新曲名は『私たち愛さないようにしましょう』ポスター公開

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2015年 07月 31日 01:11