[K-POP] カムバックApink!「音楽的に成熟したと言われたい」

時間が経っても変わらないイメージがある。セクシーさをアピールするガールズグループらが主導する夏の歌謡界に、Apinkは、相変わらず純粋な魅力を守ろうとする姿だ。

6人組のガールズグループApinkが16日午後、ソウルの慶熙大学内にある平和の殿堂にて、2ndフルアルバム「PINK MEMORY」の発売記念ショーケースを開催した。今回の新譜は3年ぶりとなる正規アルバムだ。

新曲を披露するApinkをみた音楽関係者や報道陣は、「Apinkらしい」という評価。夏のシーズンだけに、いわばセクシーガールズグループが強い勢いをみせるところだが、Apinkは、そういう変化を試みないで「まだ、そんな衣装を着ることが恥ずかしい」と照れ笑いを浮かべた。そうしながら、自分たちが志向することをはっきりと伝えた。Apinkは、「あまり変化がなかったら飽きられるかもしれないが、あまり変化を与えてしまったら、私たちらしくならないと思った。成長する過程では、自然とセクシーな姿も見せられる。しかし、今は音楽的にたくさん成長したと言われたい」と語った。

ショーケースは、バラード曲『不思議でしょう』でスタートを切り、『花びら占い』とタイトル曲『Remember』を披露した。新曲ステージを終えたApinkは、「タイトル曲『Remember』は、暑い日に飲む爽快なサイダーのような清涼感を与える楽曲」と説明。今後の抱負については、「長い間をファンのみなさんの記憶に残るステージで、ロングランできる歌手になりたい」と述べつつ、「今回のアルバムを通じて初めて試みるシーズンソングであるだけに、これからもファンのみなさんに良い思い出を残していきたい」と期待を寄せた。

待望の新曲だけに、『Remember』(https://youtu.be/bXlrqQKbjSM)はリリースと同時に韓国の各音源サイトのリアルタイムチャートで首位を記録した。所属事務所の関係者は「正直、Apinkが新曲を発表してすぐ1位に上がったのは、今回が初めてだ」と満面の笑みをみせた。Apinkも「デビュー以来、初めて音源チャートを席巻したので、メンバーみんなが大声を叫びながら喜んだ」と幸せな表情を隠せなかった。

一方、Apinkは、この日のショーケースを皮切りに、各音楽番組での新曲ステージとともに本格的なカムバック活動に乗り出す。

THE FACT|イ・スンウ記者

[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

東方神起、ユンホ&チャンミンのソロ曲がスペシャルアルバムのダブルタイトルに決定!今夜予告映像が解禁

イ・スンギ&カン・ホドン、“バラエティのミダース”ナ・ヨンソク監督と再び!

JYJ ジュンス、グラビアで“俳優魂をみせる”

SUPER JUNIOR、「ラジオスター」で大暴露戦!隠されたエピソードが次次と明かされる(まとめ)

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2015年 07月 17日 08:37