[K-POP] 【REPORT】SUPER JUNIORのアンコール公演「SUPER SHOW6」笑いと涙の渦にした“10年歴アイドル”のステージとは

「SUPER SHOW」はコンサート界のブロックバスター アクションから笑いまで、すべてがあった。まるで1本の映画を見ているかのように鑑賞していると、3時間30分という時間はあっという間に過ぎた。やはり10年歴のアイドルである彼らのフォースは、わけが違った。

12日、グループSUPER JUNIORの「SUPER SHOW6」のアンコールコンサートが開かれるソウルオリンピック公園・体操競技場を訪れた。公演まで約20分を控えて、世界各国から集まったファンらが急いで足を運んでいた。

特に目立ったのは観客らの年齢層。小学生に見える子どもたちから40~50代の中年層まで、もしこれがSUPER JUNIORの公演ではないとしたら、この日の公演がどのアーティストの公演なのかしばらく考えるくらい、多彩な年齢構成だった。

いよいよ幕が上がり熱気が加わると、なぜこんなに多様な年代のファンが集まったのかがわかった。アクションから笑い、ヒューマン、メロまで、さまざまなジャンルが混合された公演は、老若男女誰もが満足できるものだった。大概のアイドルグループの公演が10~20代の若者たちをターゲットにしたことに対し、SUPER JUNIORは家族できても遜色がないくらい終始愉快だった。


公演が終わり、地下鉄に乗って帰っているところ、車内で一緒にSUPER JUNIORの公演をみて帰宅するある親子に会った。お母さんはMBCバラエティ「ラジオスター」で活躍中のメンバー・キュヒョンのことを話し、娘さんはコンサートがあまりにも短かったと「次回からは5時間はやってほしい」と寂しい気持ちを表した。10年という時間の間に、SUPER JUNIORが芸能界で築いてきたのは、このような瞬間でも感じられるものだった。

特に、この日の公演が意味深かったのは、すでに兵役中であるソンミンとシンドンに続き、ドンヘ、ウニョク、シウォンが次々と入隊を控えているからだ。メンバーは、これから約2年から3年くらいは「SUPER SHOW」が開けないと寂しがっていた。

2008年から始まった「SUPER SHOW」は、多彩な音楽とパフォーマンス、洗練されたステージマナー、そしてSUPER JUNIORだからこそできる、斬新でコミックな試みがあり、毎回公演が開かれるたびに、世界のファンから大きな関心と愛を受けてきた。これまでの7年間、世界の各国を周りながら120公演を行い、累積観客数は180万人に達する。これくらいになれば、コンサート界の“アベンジャーズ”とも言える。


「SUPER SHOW」の始まりから今までをすべて参加したシウォンは、「誰かが僕に、人生の中でもっとも記憶に残る瞬間がいつなのかと聞いてきたら、僕はみなさんとともにした時間だと言います。もう一度感謝の気持ちが感じられる良い機会でした。本当にありがとうございます。この寂しさを忘れないで、もう一度会いましょう」と心情を語った。キュヒョンとイトゥクは涙をこぼし、普段泣かないヒチョルまでも涙をみせた。

アンコールステージでは、『君から(From U)』と『Alright』が披露。メンバーたちの声は感激でふるえ、ファンらは一つになって9人のメンバーらを応援しながら最後を迎えた。当分「SUPER SHOW」に会えることは難しくなるが、涙と喜び、笑いと感動が共存したこの日の公演は、しばらくの別れから来る寂しさをなだめるに十分だった。

THE FACT|チョン・ジニョン記者

[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

「夜を歩く士」イ・ジュンギ&イ・ユビ&東方神起チャンミン、3人の主役が繰り広げる熱演に吸い込まれると絶賛の声

【REPORT】クォン・サンウ、ファンミーティング開催で、意外な“得意技”も披露

【企画取材】芸能業界にとって「社会貢献」という意味とは?

東方神起にEXOまで!SMTOWN公演の感動が映画に...日本でも公開!

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2015年 07月 13日 05:24