[K-POP] G-DRAGON、「音源のランキングは無意味。文化アップグレードが重要」

BIGBANGのG-DRAGONが、音楽活動で得ている大きな人気に対するプレッシャーを吐露した。

G-DRAGONは18日放送されたJTBCの報道番組「ニュースルーム」に出演し、音源のランキングに対するプレッシャーを聞く質問に、「生意気なことだが、あまりにも音楽活動を長くしていて、今は音源チャート1位が当たり前にされている。それが大きな負担になる」と述べた。

彼は「人気が得られないと寂しいだろうけど、(今は)考えが変わった」とし「デビューしたばかりの時期には、“いつか1位になりたい”、“大賞をもらいたい”が目標だったが、(歌手人生の)中間地点を超えた今は、それが無意味になった」と語った。

続いて、「どんな音楽でどのように世界を変えるのか、人々の文化をどのようにしたらアップグレードすることができるのかが問題だ」と自分の考えを明らかにした。

一方、最近G-DRAGONは、ソウル市立美術館で国内外の美術家たちとコラボした作品を展示し、“大衆スターと敷居の高い現代美術の出会い”で注目を集めている。

THE FACT|キム・ギョンミン記者

[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

キム・ヒョンジュン(リダ)、無事訓練を終えて自隊配属

新ドラマ「あなたを注文します」東方神起 ユンホ編の予告映像公開!コミック演技が早くも話題に

入院したイ・ジュンギ、撮影現場に復帰!「手術は成功的」

ユン・サンヒョン&MayBee夫妻、妊娠を報告

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2015年 06月 19日 01:48