[芸能] “暴言騒動”のイェウォンが謝罪!「私たち結婚しました」からは降板

暴言騒動で世間を騒がせたタレントのイェウォンが謝罪文を発表した。彼女は人気バラエティ番組「私たち結婚しました」から降板することを言及しながら、SUPER JUNIOR-Mのヘンリーと暴言騒動の相手だった女優イ・テイムに謝罪した。

イェウォンは3日、ツイッターに「こんにちは。イェウォンです。この文を書くまで、あまりにも長い時間が過ぎたようで、申し訳ない気持ちをどのように伝えるか迷いました」と書かれた謝罪文を投稿した。

イェウォンは2月24日、MBCのバラエティ「一回り年下の家庭教師」の収録にゲストとして参加した際、女優イ・テイムの暴言を一方的に浴びさせられる事件に巻き込まれた。二人の暴言騒動はイ・テイムのお詫びとイェウォンのお許しで一段落されるようにみられた。

しかし、1カ月後、収録現場の模様がそのまま盛り込まれた映像が流出され、被害者と知られていたイェウォンも相手に暴言を放したのが分かった。これで友好的だった世論は一変、彼女への批判の声があがった。イェウォンは謝罪文に、「『私たち結婚しました』を撮影するたびに、多くの人々と出会うことがとても辛かったし、怖くて諦めたいと思ったこともたくさんありました。しかし、未熟な私を導いてくださる制作陣の方々、撮影スタッフ、様々な関係者の方、そしてヘンリーにも私のせいで迷惑をかけたくありませんでした」とし、「諦めるのが一番無責任なことだと思って、本当に最善を尽くしましたし、私にできるのはこれしかないと思いました」と本音を打ち明けた。

続いて「私のせいで被害を受けた複数の関係者の方々にとても申し訳ない気持ちです。パートナーとして私の力になってくれたヘンリーにも申し訳ない気持ちばかりです。また、私を見て不快な気分になされた視聴者の皆さんにも心からお詫び申し上げます」と謝罪した。

最後にイェウォンは、「『一回り年下の家庭教師」』の撮影当時、私の分別のない行動で、私よりもっと長く夢を抱いて努力していらっしゃったイ・テイム先輩にも深くお詫び申し上げます」とイ・テイムに謝罪した。

一方、イェウォンはSUPER JUNIOR-Mのヘンリーと去る3月から「私たち結婚しました」で仮想結婚として出演したが、最近降板を決定し、最後の撮影を終えた。

THE FACT|パク・ソヨン記者

[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

「妊娠はNO」...ウォンビン&イ・ナヨン、でき婚説“否定”

EXO、『LOVE ME RIGHT』でカムバック!再び旋風を予告

BIGBANGの独走にG-DRAGONが感激「あらあら グッドナイト」

KARAのハラが作家デビューへ!12日ネイルエッセイ「Nail HARA」発刊

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2015年 06月 03日 01:45