[芸能] 「ドキドキインド」、2%台の視聴率で終演

アイドルたちの取材バラエティとして期待を集めたKBS2TVの「ドキドキインド」が、2%台という低調な視聴率で終演した。

2日、視聴率専門調査機関<ニールセンコリア>によると、1日に放送された「ドキドキインド」は2.4%の視聴率を記録した。これは、前週より0.2%ポイント上昇した数値だが、2%台という壁を最後まで乗り越えず、見窄らしい成績で同時間帯の最下位にとどまった。

「ドキドキインド」はEXOのスホ、SHINeeのミンホ、SUPER JUNIORのキュヒョン、INFINITEのソンギュ、CNBLUEのジョンヒョンなどK-POPを代表するアイドルたちがインドを訪れ、特派員として旅行地を取材したり、リポートしたりして、視聴者に楽しさと感動をプレゼントした。

一方、同時間帯に放送されたSBSのサバイバルバラエティ「ジャングルの法則」は、12.5%の視聴率を記録した。MBC「世界を変えるクイズ~セバキ~」は視聴率5.8%で2位。

THE FACT|パク・ソヨン記者

[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

東方神起 ユンホ、ウェブドラマ「あなたを注文します」に出演確定!相手は女優キム・ガウン

EXOファン、タオの誕生日を迎え“森をプレゼント”

JYJ ジュンス、ミュージカル「デスノート」MV公開!“持ち前の歌唱力が爆発”

「幽霊が見える」として兵役を回避した歌手キム・ウジュに懲役1年が宣告

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2015年 05月 02日 00:48