[芸能] 少女時代に“恋愛時代”が到来した決定的瞬間をまとめ

少女時代は恋愛中だ。8人の中、なんと5人のメンバーが恋に落ちている。

20日午前、少女時代のユリは、プロ野球選手のオ・スンファン(呉昇桓・阪神タイガース)との熱愛を公式に認めた。少女時代の所属事務所であるSMエンターテインメントは、「ユリは昨年末に知人らとの集いでオ・スンファンに初めて出会い、現在はお互いのことを知っていく段階」と明かした。

すでに交際を公式化したユナ&イ・スンギ、スヨン&チョン・ギョンホ、ティファニー&ニックン、テヨン&ベクヒョンに続く5組目のカップルだ。ヒョヨンが作詞家のキム・ジュンヒョンと別れてはいるが、交際関係を認めただけにグループ内での熱愛が発覚されたのは、正確に言うとユリが6人目となる。サニーと末っ子のソヒョンだけが熱愛説に巻き込まれていない状況だ。


公開恋愛のはじまりは少女時代の顔と言われるユナだった。昨年1月1日に俳優兼歌手のイ・スンギと交際を認めた。二人は2013年10月から交際をスタートし、1年7ヶ月目を迎えている。

二人目はスヨンだ。<THE FACT>(当時はスポーツソウルドットコム)が同月3日に独占報道した。スヨンは俳優のチョン・ギョンホとクリスマスイブに映画館でのデートを楽しんでいる場面を捉えられ、以降交際を認めた。

ユナとスヨンは熱愛報道後、SBSトークバラエティ「ヒーリングキャンプ」に出演して、恋愛に関する考えを語った。ユナは「メンバーの中で初めて公開的に恋愛するメンバーになった。自分のせいでメンバーらに迷惑をかけてしまうかもしれなかったので、申し訳なかった」と心境を明かした。


熱愛説を2回も否定していたスヨンとチョン・ギョンホは、<THE FACT>の報道で交際を認めた。当時スヨンは「初めて付き合うボーイフレンド」と率直に答えた。


昨年4月4日、<THE FACT>の独占報道で2PMのニックンとの熱愛を認めたティファニーは、男女アイドルの中で初めてとなる公式カップルとして大きな話題を呼んだ。二人は海外出身アイドルという共通点があり、そのおかげでお互いのことがよく共感できた部分で好感を持ち始めた。2013年末から恋の感情が芽生えただけに、二人の交際期間はもう3年目を迎えたともいえる。同時期、<THE FACT>はヒョヨンと作詞家のキム・ジュンヒョンのデート現場も独占でキャッチしたが、報道を伝えた時はすでに別れていた。


テヨンとEXOのベクヒョンの熱愛は、昨年6月に明らかになった。当時二人は「お互いのことに好感を持ち、知っていく段階」と交際4ヶ月目であることを明かした。

そんな中、今回ユリが日本のプロ野球界で活躍中のオ・スンファンとの熱愛を認めることになり、いわば「恋愛時代」が到来している。デビュー9年目となった少女時代であるだけに、いっそう成熟になった魅力を醸し出す彼女たちのクールな恋愛が、果たしてどのような愛を実らせるのか、注目される。

THE FACT|キム・ハンナ記者

[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

少女時代に“恋愛時代”が到来した決定的瞬間をまとめ

少女時代 ユリ、阪神タイガース 呉昇桓との交際を認める!SMが公式発表

EXO、デビュー3年で東京ドームのコンサート開催決定!!海外アーティスト史上最短記録

ユン・ウネ、「コン・ユとのキスシーンが人生最高!今見ても胸がワクワク」

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2015年 04月 20日 11:12