[映画] イ・ミンホの作品選択基準は、「私が最も上手くやれることを選択するだけ」

俳優イ・ミンホは作品を選択する基準について、「自分が最も上手くやれること」と語った

。イ・ミンホは、映画「江南1970」が公開される前の去る1月25日に<THE FACT>のインタビューに応じた。彼は、「今回の映画でイメージ変身に成功したと思うか」という質問に、「毎回作品を選択する際、私の年に合って、最も上手くできることを選択するだけで、他のことは考えていない」と述べた。

彼は、「私には“美男イメージ”が付いているのをよく知っている」とし、「しかし、だからと言って、そのイメージを変えなきゃいけないというふうに焦っていない」と明らかにした。イ・ミンホは「江南1970」の公開を控えて、「好評であれ酷評もであれ意見を出してくださるのが切実だ」とし「客観的な目線で自分の芝居を見ていただくことを考えると、胸がわくわくする」と付け加えた。

一方、イ・ミンホとキム・レウォンが主演を勤め話題を集めた映画「江南1970」は、1月21日に公開された後、累積観客219万人を動員した。

THE FACT|キム・ミンス記者

[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

東方神起 チャンミン、SUPER JUNIORキュヒョンを応援するために日本から駆けつける

JYJ ユチョン、「匂いを見る少女」出演 “脚本家との再会に期待感あった”

Red Velvetに新メンバー“イェリ”が合流!5人組でカムバック

MYNAME、オリコンチャートで初の1位達成!!「幸せです」

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2015年 03月 12日 01:33