[映画] 映画「純粋の時代」主演チャン・ヒョク、「感情の面を強調して差別化を図った」

映画「純粋の時代」で主演を勤めた俳優チャン・ヒョクが、今回の役柄と演技について話した。

チャン・ヒョクは24日、ソウル市内の映画館で開かれた映画「純粋の時代」(監督:アン・サンフン)のマスコミ試写会に出席し、自分が演じたイ・バンウォン役の演技ポイントを語った。チャン・ヒョクは「多くの俳優さんがイ・バンウォンを演じた」としながら、「強さや欲望の面ではなく、感性的な部分を強調していきたかった」と説明。続いては「イ・バンウォンという人物が持つ感情的な面を強調させて、既存のキャラクターとは違うイ・バンウォンを表現しようとした」と述べた。

映画「純粋の時代」は、朝鮮王国の王座を巡る“王子の乱”として歴史に記録された1398年、野望の時代の真ん中に隠そうとした血塗られた記録を描いた作品。映画「ブラインド」を演出したアン・サンフン監督がメガホンを取った。3月5日に韓国で公開される。

THE FACT|オ・セフン記者

[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

キム・ヒョンジュンの元彼女、「妊娠は事実。彼の子供に間違いない」

[Pストーリー] 少女時代のユナ、本日(24日)大学卒業!彼氏イ・スンギと同門

Crayon Popの妹グループBob Girls、メンバージナの脳炎診断で解散を決定…

SHINHWAがヌード写真集を出した理由?!「今じゃないと一生できない」

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2015年 02月 24日 07:52