[芸能] CNBLUEヨンファ、ラジオ番組中“少女時代にプライベートで会ったこと”が明らかに

CNBLUEのジョン・ヨンファが、少女時代のサニーがDJを務めるラジオ番組「サニーのFMデート」のゲストとして出演した。

番組でサニーは「私たち、前プライベートなところで会ったことありますよね?」とあいさつ。

これにヨンファは「ティファニーさん、ユリさんと一緒に会いましたね。あの時はサニーさんがラジオDJの仕事で悩んでいたけど、僕は“うまくできそう”と言いました。あとでラジオをやることになったと聞いて嬉しかったですね」と答えた。ヨンファの話しにサニーは「実はあの日、ヨンファさんには初めてお会いしたし、気まずくてお互い敬語を使う仲でした」と打ち明け、笑いを誘った。


元祖イケメン歌手であるキム・ウォンジュン(1992年デビューした韓国のハイティーンスター)に似ているというサニーの絶賛に、ヨンファは「時々聞きますね。時間が経っても変わらないでハンサムなキム・ウォンジュン先輩のあとは、この僕が継いでいきたいと思います!」とコメント。スタジオは笑いの渦に包まれた。

さらにヨンファは、CNBLUEのルックスランキングとして1位は自分を、2位はカン・ミンヒョクだと言いながら「まあ、メンバーそれぞれ個性があって、ハンサムだと思います」と慌てて事態を納めようとして笑いを誘った。

ヨンファは最近発表した自分のソロアルバムについても話した。サニーが「今回のアルバムには、ヤン・ドングン先輩、ユン・ドヒョン先輩、Verbal Jintさんなど、すごい方々が参加されましたが、ヨンファさんが直接交渉したんですか?」と聞くと、ヨンファは「収録曲すべては、先輩たちひとりひとりを思いながら書きました」と答えつつ、楽曲を先に送って「先輩と一緒にやりたくて書きましたが、一度聴いていただけますか」とお願いしたという。

これにサニーが「それはすごいですね。本当ですか?」と聞き返すと、ヨンファは「本当なんです。一緒にできなかった先輩もいらっしゃいますが、その方々を思いながら書いた楽曲は、今回のアルバムには入れなかったです」と打ち明けた。

ヨンファは今回のソロアルバムは100%自作曲で構成し、「最善を尽くして作ったものなので、点数をつけることができない」と、アルバムに対する格別な愛情もみせた。





スポーツソウルジャパン|編集局
[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

SM、香港でもルハンを告訴「契約違反による法的措置」

SHINHWA、タイトル曲は『標的』“男の魅力&スタイリッシュ”がコンセプト

GUCCIが韓国女優チョン・ジヒョンをアジア広告モデルに起用

JYJ ユチョン、北京ファンミーティングが大盛況!

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2015年 02月 11日 05:23