[芸能] 検察、LADIES' CODEのマネージャーに2年6ヶ月を求刑

交通事故で二人のメンバーが亡くなったガールズグループLADIES' CODEのマネージャーのパク氏(26)に、検察が2年6ヶ月を求刑した。

水原地検の刑事3部は9日、LADIES' CODEが地方スケジュールを終えてソウルに戻ってくるところに交通事故を起こし、メンバーのクォン・リセさん(23歳)とコ・ウンビさん(21歳)が亡くなり、4人の負傷者を出したマネージャーのパク氏に対して、懲役2年6ヶ月を求刑した。

パク氏は被告人尋問を通じて公訴事実を認めたあと、「事故直後、119に通報するなどできる限りのことは尽くした」と述べた。彼は「事故当日は、地方での番組収録を終えたメンバーたちが疲れていたため、なるべく早く宿に送ってあげたい気持ちだった。一瞬の間違った判断を後悔し、反省している。事故で大きな悲しみに陥っていらっしゃるご遺族の方々、ファンのみなさん、関係者の方々に心からのお詫び申し上げたい」と謝罪のことばを伝えた。

一方、LADIES' CODEの所属事務所であるPolarisエンターテインメントは「メンバーらは通院治療と心理治療を並行しながら、安静に励んでいる」と近況を伝えながらも、今回の裁判については慎重な態度をみせた。

パク氏の宣告公判は、来年1月15日午後2時に行われる。

THE FACT|オ・セフン記者

[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

MBLAQの所属事務所、「契約更新について協議中…来年新譜発表を予定」

ヨン様の事務所がMBLAQイジュンをスカウト?「事実無根」と否定

【T1ST0RY in SEOUL】東方神起、10年歴史を総網羅したスペシャルライブツアーが遂に幕を開けた!

【東方神起T1ST0RY会見①】「誰かの夢になって嬉しい」

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2014年 12月 09日 04:30