[芸能] SUPER JUNIORカンイン、「アメリカの警察に銃を向けられたことがある」と告白

グループSUPER JUNIORのメンバー・カンイン(29)が、「アメリカで警察に検問を受けたことある」と打ち明けた。

カインは最近行われた総合編成チャンネルJTBCバラエティ番組「アブノーマル会談」の収録に参加し、“安全”をテーマにトークを交わすところ、「アメリカの警察が僕に拳銃を向けたことがある」と打ち明け、視線を集めた。

彼は「当時は現地公演が終わって宿に移動しているところだったが、僕がトイレに行きたくてドライバーさんに催促したら、スピードを出しすぎてパトカーがついてきた。車を止めて僕はすぐ近くの草むらに小便した」と当時を回想した。続いて「ところが、警察がいきなり僕に銃を向けた。ズボンを下ろしたままの状態で、僕は韓国の有名歌手だと解明したけど、すごく戸惑っていた」と告白して、笑いを誘った。

JTBC「アブノーマル会談」は、8日(月)の夜11時に放送される。

THE FACT|キム・ギョンミン記者

[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

【T1ST0RY in SEOUL】東方神起、10年歴史を総網羅したスペシャルライブツアーが遂に幕を開けた!

【東方神起T1ST0RY会見①】「誰かの夢になって嬉しい」

【東方神起T1ST0RY会見②】10年間トップの座を維持できた秘訣は「絆、そして限界を超えるために最善を尽くすこと」

【東方神起T1ST0RY会見③】「目標は、東方神起という名前がみんなの心に温かく残ること」

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2014年 12月 08日 09:47