[芸能] ルハンvs SMの専属契約紛争が調停へ

SMエンターテインメントとボーイズグループEXOを離れた中国人メンバー・ルハンの専属契約紛争に、裁判所が仲裁に乗り出した。

ソウル中央地裁・民事46部は25日、ルハンがSMエンターテインメントを相手に提起した専属契約効力不存在確認訴訟を調停に回付した。両側が調停期日に対面して合意に至る場合、法的攻防は止められる。

しかしSMエンターテインメントとルハンの訴訟が調停になったのは、ルハンに先立って同じ内容の訴訟を起こしたクリスと同様。クリスとSMエンターテインメントは今年の7月、一度調停期日に出席したが、合意しなかった。現在クリスとルハンは中国で芸能活動をしており、EXOは10人のメンバーで来年に予定している新しいアルバム制作に専念中だ。

THE FACT|イ・ゴンヒ記者

[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

MBLAQ、解散説の中で咲いた“バラードの花”は…哀れで物悲しい

[Pストーリー] JYJ、韓国中を震撼させた超特急人気

SMエンタ、アリババからの100億円台投資説「事実ではない」

「恋人関係だった」にイ・ビョンホンは「身に覚えがない、冗談だった」と否定

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2014年 11月 26日 01:00