[K-POP] 平均年齢39歳、韓国アラフォー女性3人が歌手デビューへ

映画のようなことが、現実世界で起きた。

35歳以上の女性たちを対象に行ったオーディションを実施、平均年齢39.3歳の女性3人がグループとして正式デビューした。彼らは7日、デビューシングル「私の中の夢」を発表し、本格的な活動へ乗り出した。

韓国の芸能プロダクション・クリジンエンターテインメントは最近、国内の某製薬会社とタッグを組んで、歌手デビューの夢が叶わなかった35歳以上の一般人女性を対象に、広告モデルおよび新人歌手としてデビューさせるオーディションプログラムを進行した。8月の1ヶ月間、事前に動画を通じた審査を行い、9月はトレーニングと本選、決選舞台を経て200対1の競争で勝ち抜いた最後の3人。チェ・ユギョン(44)、パク・ソヒョン(38)、キム・ミサ(36)は、グループ「MAMA(ママ)」として正式デビューした。

新人MAMAは、オーディションの企画通り、主婦が歌手と変身。メンバーのチェ・ユギョンさんは20代の時、平凡なオフィスガールとして仕事していたところ、偶然ライブカフェのステージに立ったことがチャンスとなって、ライブ歌手という経歴があるボーカル。パク・ソヒョンさんは20歳の時、ガールズグループのThe Moonのメンバーとしてデビューしたが、幼い歳に結婚することになって、夢を諦めるしかなかった。キム・ミサさんは、KBS童謡大会で受賞したくらい実力のあるメンバー。職場生活をしながらボーカルトレーナの仕事を並行してきた。3人は「MAMAが韓国を代表する母親グループになるように、責任感を持って一生懸命がんばります」と抱負を語った。彼女たちは、10月中旬から1ヶ月間放映される製薬会社のCMモデルとしても活動する。

一方、MAMAのデビュー曲『私の中の夢』は、軽快なリズムに簡潔なメロディーが特徴。同年代の女性なら誰もが共感できる歌詞が印象的だ。

THE FACT|オ・セフン記者

[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

G-DRAGON&水原希子、ソウル梨泰院での深夜デートが発覚!

SUPER JUNIOR シウォン、「リーダーのイトゥクがやばい」と暴露?!

「EXO レイ、誕生日おめでとう♥」...東京・新大久保の大型ビジョン“占領”

韓国版のだめ「ネイルもカンタービレ」のシム・ウンギョン、「上野樹里が大好き」

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2014年 10月 08日 09:41