[ドラマ] ヒョンビン、4年ぶりにお茶の間復帰へ!一人二役に挑戦

俳優のヒョンビン(32)が4年ぶりにお茶の間へ復帰する。

SBSドラマの関係者は7日、「ヒョンビンが除隊後のドラマ復帰作として『ハイド・ジキル、私』を選択した」と明らかにした。同ドラマの原作は、人気ウェブ漫画「ジキル博士はイイドさん」で、全20話作と制作される。

ヒョンビンは今作で、冷たい性格ながらも優しい二つの人格を持つ男主人公のハイドを演じる。デビュー以来初めて一人二役に挑戦だ。「私の名前はキム・サムスン」「彼らが生きる世界」「シークレット・ガーデン」など、出演作ごとに大ヒットを記録させた彼が、果たして今回はどのような演技をみせてくれるかに、早くも期待が寄せられる。

SBS新ドラマ「ハイド・ジキル、私」は、「私の期限は49日」「野王」などを演出したチョ・ヨングァン監督がメガホンを取り、「清潭洞<チョンダムドン>アリス」を執筆したキム・ジウン脚本家がタッグを組む。全く違う二つの人格を持つ男と恋に落ちた三角関係のラブストーリーをロマンチックコメディで描いていく。来年1月から放送される予定だ。

スポーツソウルジャパン|編集局

[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

少女時代脱退騒動後のジェシカ、改めて自身のブランド広報へ

f(x)のクリスタル、「公開恋愛はできない」

チャ・スンウォンが立場を表明、「心で生んだ息子…後悔していない」

セウォル号沈没事件を描いた映画の演出者が韓国政府とメディアを批判

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2014年 10月 07日 05:01