[ドラマ] 「夜警日誌」ユンホの涙演技が好評!視聴者も泣いた

ムソクの悲しき過去が視聴者たちの目を潤ませた。

8日の夜放送されたMBC月火ドラマ「夜警日誌」の第11話では、ムソク(ユンホ)が追補されたいとこのスリョン(ソ・イェジ)に会うと、昔天然痘で亡くなった自分の妹のことを思い出した。スリョンは天然痘で死境をさまよっていたムソクの妹インファ(キム・ソヨン)に、内医院からもらってきた薬を飲ませながら、悲しみをともにした人物。ムソクにとって彼女は格別な人だ。

また放送では、ドハ(コ・ソンヒ)がムソクにいつも付いている少女幽霊の正体は、インファであることを明らかにした。するとムソクは「インファは俺の胸に刺されている匕首のような子です。そんな子に今なんてことを言う!」と嗚咽した。

この日ムソクに扮したユンホは、妹に対する切ない感情を爆発させながら見事な演技を繰り広げた。悲しみに浸ったまなざしと感情が伝わる台詞は、視聴者たちの涙腺を刺激するに十分だった。

ドラマをみた視聴者たちは、「ユンホの演技、どんどん伸びてる」「私も泣いちゃったよ」「俳優ユンホ」「もう演技も掌握するのか」「お見事」など、さまざまな反応を寄せた。

THE FACT|芸能チーム

[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

LADIES\' CODE 故クォン・リセさんの出棺式…日本で永眠

“いじめ疑惑”から2年!!T-ARAは立ち直れるのか

“熱愛時代”のイメージを克服できるのか... 少女時代ユニット「テティソ」がカムバック!

俳優カン・ドンウォンに女優ソン・ヘギョはどんな意味なのか!

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2014年 09月 09日 08:38