[K-POP] SUPER JUNIORの新曲「MAMACITA(アヤヤ)」がアジアで人気!“さすが韓流帝王”

SUPER JUNIORの新譜「MAMACITA」がアジア全域で人気を集めている。

先日1日に発売されたSUPER JUNIORの7thフルアルバム「MAMACITA」は、韓国のHANTEOチャートで公開と同時にリアルタイムチャートはもちろん、日間チャート1位を占め、アルバム強者としての威厳を証明した。

また、タイトル曲の『MAMACITA(アヤヤ)』は、台湾最大のオンライン音楽サイトであるKKBOXの韓国音楽TOP100チャートで、デイリーチャート1位を記録した。
SUPER JUNIORは過去同チャートで、4thアルバムのタイトル曲『美人(BONAMANA)』、5thアルバムのタイトル曲『Mr.Simple』、6thアルバムのタイトル曲『Sexy、Free&Single』などが121週間1位に輝く最長期間記録を立てたことがあるだけに、今回の新曲『MAMACITA(アヤヤ)』に対する期待も高まっている。


さらに、先月28日に公開された『MAMACITA(アヤヤ)』のミュージックビデオは、YouTubeの公式K-POPチャンネルの「K-POPミュージックビデオチャートトップ20」(8月25日~8月31日)で1位。

中国のiQIYIと音悦台のVチャートに続いてミュージックビデオチャートの頂点をとる底力を誇示しながら、韓流帝王としての人気を実感させた。

スポーツソウルジャパン|編集局
[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

SHINee テミン、【CLICK! STARWARS】でEXOチェン抑えて1位!“大逆転”

Block.B、日本で初の単独コンサートが“大成功”...日本語もペラペラ!!

警察、イ・ビョンホン脅迫映像確保!!「本人なのか確認中」

キム・ヒョンジュン、今日(2日)警察に出頭

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2014年 09月 02日 06:56