[芸能] ソン・ヘギョ、脱税疑惑を釈明…「税務代理人のミス、追徴金・加算税はすべて納付済み」

女優のソン・ヘギョ(32)が、脱税疑惑について釈明した。

ソン・ヘギョの法務代理人であるザ・ファームは19日、彼女に対する脱税疑惑と関連して「ソン・ヘギョは国税庁からの指摘を受けるまで、税務代理人による不良申告が続いたことを全く知らなかった」と釈明した。

ソン・ヘギョ側は「2年前の事案だから、具体的な事実関係を把握していたため、立場を伝えることが遅れてしまった。詫びを申し上げる」と述べつつ「通常の芸能人の年収比課税対象の所得率は56.1%であるが、今回の税務調査でソン・ヘギョは、税務申告を代理する税理士の業務上過失があり、通常の所得税の2倍に近い重課税と加算税まで納付した」と明らかにした。

この関係者は「このように、税理士の業務怠慢を監督できず、依頼人に大きな被害を与えた担当税理士(T会計法人P会計士)は、現在、企画財政部の税理士の懲戒手続きに付託された状態と認識しており、ソン・ヘギョは税務調査の直後、担当の税理士を解任し、担当の税理士や所属会計法人に対して、適切な法的措置をとる予定だ」と説明した。続いて「ただし、税務代理人を選任して一切の業務を委任したとしても、最終的な責任は、納税者本人であることはよく知っている」とし「大衆の注目を集める女優として、税金と関連して注意を払っていなかったことについて、謝罪の言葉を申し上げる」と頭下げた。最後に「ソン・ヘギョは、2年前に税務調査を受け、付加された追徴税と加算税をすべて納付したが、これらは無知から始まった不正な税務処理であるため深く反省しており、今後このようなことが二度と起きないよう、細心の注意を払っていることを理解していただきたい」と付け加えた。

ソン・ヘギョの脱税疑惑は19日、新政治民主連合のパク・ボムゲ議員がイム・ファンス国税庁長候補者の人事聴聞会で、「ハン・サンリュル前国税庁長の絵画ロビー疑惑事件と関連して金銭を受け取り、大手企業の諮問に応じてくれた某事務長と、ソン氏の税務代理を務めた会計士が同じ会計事務所に所属している」としながら「税務調査を緩めたのは、ハン前国税庁長と関連があるという情報提供があった」という疑惑が提起され浮上した。

ザ・ファームによると、ソン・ヘギョは2012年8月30日、2009~2011年の課税分の費用処理部分に問題があるというソウル地方国税庁の通報を受けて、同年10月8日まで、当時ソン・ヘギョの税務関連業務を委任されたT会計事務所のC事務長を通じて調査を受けた。以来、2009年~2011年の帰属所得について所得率95.48%を、2012年の所得分については所得率88.58%で算定された所得税と遅延税による加算税など約31億ウォン(約3億1千万円)を8月15日に全額納付した。またソン・ヘギョは今年4月、再びソウルの江南税務署の監査院から、2008年度の所得分について、同じ理由で追加徴収するという内容の連絡を受け、税金約7億ウォンを全額納付した。

THE FACT|イ・ダウォン記者

[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

KARAが語る新メンバーのヨンジはどんな人?

“カムバック”KARA、「新しい気持ちで一生懸命準備しました」

JYJ ASIA TOUR in HONG KONG、心臓が爆発しそうになった公演!「香港を愛してくれてありがとう」

SM発アルバムパッケージが世界的デザインアワードで本賞を受賞!

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2014年 08月 19日 01:53