[K-POP] Fly To The Skyカムバックショーケース!5年ぶりに帰ってきた“オッパたち!”は変わっていない!(総合)

[スポーツソウルドットコム|オ・セフン記者]

5年ぶりのカムバックでも“オッパたち”は、変わらないでいてくれた。それほど二人は自然で余裕にあふれた。

Fly To The Sky(フライ・トゥ・ザ・スカイ:ファニ、ブライアン)は20日午後4時、ソウル・芳夷洞(パンイ・ドン)にあるオリンピック公園内のKアートホールで、9thフルアルバム「CONTINUUM」発売記念ショーケース&記者懇談会を開催した。

ファニは会見初めから風邪を引いているブライアンのことを配慮して、ブライアンは「いつも大事なことがある時に限って調子が悪くなっちゃいます。ジンクスかもしれません。でも一番好きなファニと一緒なので嬉しいです」と述べた。一時不和説に巻き込まれ二人だったが、時間が、そしてこれまでの経験が二人をよりいっそう固く結束してくれたようだ。

二人は「僕たちは解散したわけではありません。各自で活動しただけです。なので再結成ではなく、カムバックなんです」とし、「止まらず継続して、蹴飛ばしていくという意味が込められている」とアルバム名を「CONTINUUM 」と決めた理由を明らかにした。

新譜「CONTINUUM 」は、ファンのために作ったアルバム。久しぶりに帰ってきた彼らは、長い時間を待ってくれたファンのために、すべてファンが好きなバラードナンバーで収めた。

ファニは「5年ぶりに帰って来て、今まで待ってくれたファンのみなさんのために、Fly To The Skyらしい楽曲で収めました。そのためにファンの方が好きだった感じの曲を作った作曲家さんに曲を依頼したんです。バラード全集のようなものとみていただければと思います」と説明した。反応も良かった。タイトル曲『You You You』(原題:너를 너를 너를 http://youtu.be/b_5AkvUN6EI)は発売と同時に、韓国の主要音源チャートを席巻した。

Fly To The Skyは「音源発売後は眠れませんでしたね。IU、godなどの強者たちがいて心配もありましたし、久しぶりに復帰する僕らに、みなさんはどう思っていらっしゃるのか不安でした」と言いつつ、「でも以前よりたくさん話をして、お互いに力を与えようと努力しましたし、アルバムの録音が終わってもすぐ帰らず、一緒にトレーニングに行ったり食事に行ったりして、なるべく一緒にいる時間を作りました」と互いに対する愛情をみせた。

二人は「各自のベストを一緒にいる時にも発揮すること」をソロ活動後、再び会ったFly To The Skyの力だと説明した。また、同じ時代を走ってきた仲間たちにも愛情をみせた。二人は「god、フィソン、以前一緒にした彼らと音楽番組やバラエティ番組などでまた会いたいですね。番組に出演してほしいです」と過去を回想した。

一方、Fly To The Skyは、6月のソウル公演を皮切りに全国ツアーを展開する。このカムバックコンサートのチケットは、先日12日午後2時から発券されたが、販売開始10分で全席が完売。二人に対するファンの熱い思いと変わらぬ人気を証明した。

[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

ペ・ドゥナ、熱愛を認め!「ジム・スタージェスはボーイフレンド」

EXO “クリス事態”、解決可能な問題なのか?

ニコルの一人立ち、成功するか失敗するか?

Fly To The Skyカムバックショーケース!5年ぶりに帰ってきた“オッパたち!”は変わっていない!(総合)

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2014年 05月 20日 11:45