[K-POP] EXO、韓・中「同時攻略」...21日には全曲の音源発表

[スポーツソウルドットコム|パク・ソヨン記者]

EXOの新曲が来る21日、全世界に公開される。

韓国語で歌ったEXO-Kのバージョンと中国語で歌ったEXO-Mのバージョンで構成された今回のアルバムは、21日午後12時、iTunesをはじめとする韓国と中国の様々な音楽サイトで音源がリリースされる。公開される曲は、リード曲『中毒Overdose(中毒)』はもちろん、収録曲の全曲。

EXOの主要なカムバックプロモーションを一緒に進行するサムスン・ミュージックでは、加入者を対象に今回のミニアルバム全曲を無料で鑑賞して、ダウンロードできるフリー・サービスが行われている。また、リード曲『Overdose』のミュージックビデオの単独公開、アルバム発売記念のファンサイン会イベントなど様々なイベントがファンを待っている。

EXOは15日午後8時、ソウル・蚕室(チャムシル)体育館で2ndミニアルバム「Overdose」(中毒)を初めて公開し、カムバックショーを成功に導いた。『MAMA』『Growl』など既存のヒット曲と『RUN』などの新曲ステージを適切に加え、8千人のファンが集まった会場を熱く盛り上げた。

サムスン・ミュージックのアプリとサムスン・ミュージックのWebページを介して生中継された今回のカムバックショーは、開始前からEXOを見るためのファンの接続でサーバーが麻痺した。また、韓国各種のポータルサイトでは、“EXO”、“サムスン・ミュージック”、“EXO Overdose MV”など、EXOのカムバックと関連する言葉が検索語ランキングで上位圏を掌握した。

カムバックショーを盛況裏に終えたEXOは、EXO-KとEXO-Mに分かれて韓国と中国で同時に活動する。EXO-Kは18日KBS2TV「ミュージックバンク」で、EXO-Mは19日、中国CCTV、「グローバル中国音楽」でカムバックのパフォーマンスを公開する予定だ。

[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

“JYJ ユチョン”の異色写真、韓国最高権威のフォトアワードで大賞受賞!

ソン・スンホン主演の破格的なメロ映画「人間中毒」、メイン予告公開+公開日確定 !

“元KARA”ジヨンがイギリスから伝える挨拶「ハロー!」

チョ・インソン、台湾で初の単独ファンミーティング開催!「甘い歌で女心を奪った」

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2014年 04月 16日 06:56