[芸能] 韓国著作権収入1位は?あのSMAPも認めたJYPのパク・ジニョン!!3年連続トップ

[スポーツソウルドットコム|eニュースチーム]

2013年韓国の著作権収入1位に歌手兼プロデューサーのパク・ジニョンが選ばれた。パク・ジニョンは2013年の著作権収入1位に続き、2012年と2011年にもこの部門のトップに上がったことがある。

8日、韓国音楽著作権協会が発表した2013年の著作権収入の集計によると、最も多くの著作権収入を収めた作曲家はパク・ジニョンだったのが確認された。協会は「2013年は、K-POPがアジアを越えて全世界へ羽ばたけた年で、パク・ジニョンは数々のヒット曲の作曲家とプロデューサーとして活躍した」と明らかにした。

パク・ジニョンはこれまで、RAIN、2PM、miss A、GOT7など多くの韓流スターを発掘し、約50曲に達する1位曲を作った。また、国内だけでなく日本のスマップ、中国のF4、ジャッキーチェン、米国のウィル・スミス、メイス、キャッシなどの海外有名スターともコラボレーションをしてきた。

[スポーツソウルJAPANのメイントピックス]

「3デイズ」のユチョン、カメラマンに変身?!撮影現場のムードメーカーに

EXO、5月に初の単独コンサート開催!

BIGBANGとPSYが所属事務所の株主になった!!韓国芸能界で最初

[CLiCK! MUSIC STAR]“SHINeeワールド”、32週連続1位!!2位は東方神起

copyright (c) sportsseoul inc. all right reserved. 2014年 04月 09日 02:47